FC2ブログ

朝日連峰前衛・暖日山

山歩き(朝日連峰)
03 /16 2018
3.13暖日山 055_R
3/13実淵川を囲む山々で残す暖日(ぬくひ)山へ行く。この山は朝日連峰最東端の山として、地元の方には知られている山だが、登山道はなく、残雪期に地元の一部の方たちには登られている山だが、今回のルートで登られる方はあまりいないようだ。今回は、実淵川左岸の端の山として、あくまでも実淵川流域の山に拘り、白鷹町の栃窪側の尾根から登る。

3.13暖日山 002_R
県道9号線P184の橋脇の枝尾根から取り付く。
右側には産業廃棄物処理施設が・・・。

3.13暖日山 006_R
実淵川支流の尾根に取り付くまで杉の植林の尾根を処理施設を右下に見ながら登る。

3.13暖日山 010_R
黒鴨方面からくる林道に出る。林道は、まだ雪で埋まる。

3.13暖日山 016_R
林道に出てからは、P438.9、P523までの尾根のアップダウンに時間が掛かるので、尾根左側の林道を使ってショートカットする。

3.13暖日山 017_R
P523鞍部、右側の林道と合わさるところから尾根に取り付く。

3.13暖日山 022_R
植林と広葉樹林との境なので、右側の展望の良い尾根だ。

3.13暖日山 027_R
地形図にない林道が尾根を横断する。

3.13暖日山 035_R
眼下に最上川や白鷹町の街並みが見渡せる。

3.13暖日山 036_R
尾根のすぐ脇に林道が・・・。

3.13暖日山 042_R
970mへの最後の急登を登りきると展望が広がる。

3.13暖日山 047_R
970m地点から見える置賜葉山から実淵川を囲む山々
左端の山が、明日登る唐松山か?

3.13暖日山 046_R
頭殿山と右手の真白く雪を被った山が大朝日岳?

3.13暖日山 050_R
山頂手前の平坦地に、またまた林道が・・・。雪がなければ簡単に登れる山のようだ。
前方にテンが・・・。

3.13暖日山 052_R
3.13暖日山 053_R
林道から一登りで暖日山の山頂だ。

3.13暖日山 056_R
山頂からは朝日町方面の街並みが・・・。
下山は、左側の林道を使う。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!