朝日・朝日川白滝沢銅食沢

沢登り(朝日連峰)
08 /25 2017
8.14銅食沢 042_R
8/14二日目は朝日町へ移動して朝日川の白滝沢銅食沢。銅食沢は鳥原小屋近くの湿原を水源とし、鳥原山の白滝登山口の登山道入り口で白滝沢に出合う沢だ。遡行記録はなく、奥二俣の右沢出合付近の等高線が密になっている部分が以前から気になっていた沢だが、この部分に懸る滝は、それほど大きな滝はなく、ほとんど登れる滝で拍子抜けする。ただ、等高線が広がる手前に地形図では分からない10m程の直滝が懸かり、この高巻きに少し苦労する。

8.14銅食沢 001_R
白滝登山口の林道は、すぐに通行止め。登山地図にある林道終点まで車で入れない。林道は、ほとんど廃道となっている。

8.14銅食沢 004_R
登山地図上の林道終点
林道終点の先に銅食沢の吊り橋が懸かる。

8.14銅食沢 006_R
銅食沢に掛かる吊り橋
ここが登山道の入り口だ。

8.14銅食沢 010_R
8.14銅食沢 011_R
8.14銅食沢 012_R
入口から滝場が連続し、期待を持たせるが、最後の写真の滝の左壁にトラロープがかつている。
釣り人が入っているようだ。

8.14銅食沢 014_R
滝場はすぐに終わり、沢幅が広がり、森林の中を流れるゴーロの沢となる。

8.14銅食沢 016_R
時にナメ滝も懸るが・・・

8.14銅食沢 024_R
ほとんど森の中を流れるゴーロの沢だ。

8.14銅食沢 031_R
標高850mを過ぎたあたりからようやく滝が出てくる。
8mほどの斜滝だが滑っているので左岸のルンゼから高巻くが、その上にも連続して3m、4mと2連の滝が続いていたのでまとめて巻く。

8.14銅食沢 040_R
1020m付近奥二俣
左沢は湿原から流れ落ちる本谷で水量が多い。

8.14銅食沢 041_R
問題の等高線の密な右沢は、入ってすぐに逆さくの字の8mほどの斜滝が懸かる。
中段から上がツルツルの壁で途中から左に逃げ小さく巻く。

8.14銅食沢 043_R
続く倒木の掛かるCS4mは右の水流沿いをシャワーを浴びながら上がる。

8.14銅食沢 044_R
さらに2条の斜滝が懸かるが、ホールド豊富で簡単に上がれる。
左10+2右6+2。滝上は急傾斜のゴーロだ。

8.14銅食沢 046_R
ゴーロの先に10mの直滝が懸かる。
左岸の急な草付から上がり灌木帯に出て高巻くが、以外に手こずる。1100m付近か。

8.14銅食沢 047_R
さらにCS滝が2つ続き、その上に4mの幅広の滝が懸かる。

8.14銅食沢 049_R
4mの滝を越えると等高線の緩やかになった所に出る。

8.14銅食沢 053_R
時々小滝が懸かるが問題となるところはない。

8.14銅食沢 056_R
登山道に最も近いと思われる1215m付近で沢を離れ、登山道を目指す。

8.14銅食沢 057_R
わずかの藪漕ぎで登山道に出る。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!