スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日前衛・小桧原川を囲む山々の周遊

4.30小桧原川周遊 082_R
4/30ゴールデンウィーク第一弾は小桧原川を囲む山々の周遊。予定では、小桧原川左岸尾根から赤見堂岳に登り、稜線上を枯松山、大桧原山、紫ナデ、ヨウザ峰の小桧原川、大桧原川を囲む山々を2泊3日で周遊する計画だったが、29日の天気が悪く、5/1も悪い予報だったため、予備計画としていた小桧原川を囲む山々を日帰りで周遊する。小桧原川は34年前、シノマタ沢楢山沢から赤見堂岳直下の草原状の鞍部を乗越し、下降しているが、小桧原川の水源である赤見堂岳は、この時以来残雪期に山スキーで登ろうと計画し、実現できなかった山だ。

4.30小桧原川周遊 005_R
小桧原川に架かる橋から左岸尾根に取り付く。
尾根上は、ところどころ雪が付いているだけだが、藪は薄い。

4.30小桧原川周遊 009_R
先に地元の方らしき単独の方が先行して登って行かれたが、別ルートから左岸尾根に取り付いたようだ。

4.30小桧原川周遊 018_R
左岸尾根は月山、姥ケ岳、湯殿山方面の展望の良い尾根だ。

4.30小桧原川周遊 027_R
P757付近から尾根上に残雪が多くなり、歩きやすくなる。

4.30小桧原川周遊 038_R
急斜面の登りが多く、体力を消耗する。
先行した方は、かなり健脚の方か、それとも我々が遅いのか、全く姿が見えない。

4.30小桧原川周遊 051_R
石見堂岳の登り

4.30小桧原川周遊 054_R
振り返ると月山湖も見渡せる。なかなか良い景観だ。

DSCN2712_R.jpg
石見堂岳山頂

4.30小桧原川周遊 058_R
石見堂岳山頂付近は雪原が広がる。

4.30小桧原川周遊 064_R
正面に赤見堂岳が・・・。
まだまだ遠い。

4.30小桧原川周遊 066_R
雪面に覆われたなだらかな尾根が続く。

4.30小桧原川周遊 068_R
4.30小桧原川周遊 067_R
34年前に越えた鞍部のようだ。
上がシノマタ沢楢山沢、下が小桧原川の枝沢

4.30小桧原川周遊 079_R
赤見堂岳はもうすぐだ。

DSCN2725_R.jpg
DSCN2729_R.jpg
赤見堂岳山頂と三角点

4.30小桧原川周遊 087_R
赤見堂岳から枯松山方面に続く稜線をP1327峰へ向かう。

4.30小桧原川周遊 097_R
P1327峰から馬場平へ続く尾根を下る。

4.30小桧原川周遊 099_R
左: 月山と小桧原川左岸尾根を望む。

4.30小桧原川周遊 100_R
右: ヨウザ峰と朝日連峰主稜線の山並

4.30小桧原川周遊 115_R
小桧原川右岸尾根は最後の方が急だ。

4.30小桧原川周遊 119_R
右岸尾根はほとんど尾根上に雪が残り、藪漕ぎはほとんどない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。