朝日・大実淵沢右俣

沢登り(朝日連峰)
06 /16 2016
6.14大実淵沢右俣 035_R
6/14大実淵沢へ行く。先々週は、黒鴨林道が途中陥没しているところがあり断念したので、補修がされていない場合は支流のゴヤ沢を、補修されて奥まで入れる場合は大実淵沢源流部に入る予定で行く。さすがに陥没箇所は補修され、奥まで入れるようになっていたので大実淵沢右俣遡行、左俣下降で沢に入る。ただ予報では1日曇りだった天気が、午後から雨となり、下降予定の左俣を断念、右俣遡行だけに終わる。黒鴨林道が峠まで通れる保障はないので、通れるときに本谷の左俣も入っておきたかったのだが・・・。

6.14大実淵沢右俣 003_R
大実淵沢水系を登るには黒鴨林道の通行の可否で決まる。
前回陥没していたところの補修が終わり、小実淵沢の白滝橋までは問題なく通行できるが、橋先からは林道が登りとなり、悪路の林道となる。ただ悪路にはなるが愛染峠までは通行できるようなので、通行できるうちに上流部は遡行したい。

6.14大実淵沢右俣 007_R
6.14大実淵沢右俣 008_R
林道から二俣へ下る尾根を辿って出合上の本谷へ下りる。本谷左俣の方が水量は多い。
下る尾根には明瞭な踏み跡がある。

6.14大実淵沢右俣 011_R
6.14大実淵沢右俣 013_R
しばらくは平凡な沢で、両岸へ草地や樹木が覆いかぶさるスカの沢の予感。

6.14大実淵沢右俣 016_R
697m、二俣との中間点くらいにようやく5m程の滝が出てくる。
右側を簡単に登れる。

6.14大実淵沢右俣 019_R
以降、二又まで何もない平凡な沢だ。
右沢は2.5万図で水線の記されている沢だが、左沢の方が水量は断然多い。

6.14大実淵沢右俣 021_R
6.14大実淵沢右俣 022_R
左沢には連続して小滝が懸かる。
2つ目の小滝は岩に苔が張り付きヌルヌル、スベスベでフェルト底の沢足袋でもフリクションが利かない。
右俣は全般にヌメリが強く、フェルト底の足袋でも良く滑る。

6.14大実淵沢右俣 027_R
二又から奥の二又までも滝はなく、ますますボサが沢筋を覆ってくる。

6.14大実淵沢右俣 029_R
2条4m程の直滝が出てくると、その上は奥の二又(1:1)だ。
この滝は右側から登れる。左は細流。

6.14大実淵沢右俣 033_R
若干水量の多い左沢へ入る。

6.14大実淵沢右俣 034_R
すぐに2m程の登れない小滝は左の急な草付斜面を登る。

6.14大実淵沢右俣 035_R
その上にも滑り台状の滝4×6mと2段7m程の滝が連続して懸る。
上段の滝がヌルヌルなので右のルンゼから高巻く。

6.14大実淵沢右俣 038_R
傾斜が増してくるが問題となるところはない。

6.14大実淵沢右俣 042_R
水流のあるところを辿り、水が切れるとわずかな登りで廃道となっている上段林道に出る。

6.14大実淵沢右俣 043_R
愛染峠(あいぜんとうげ)までは10分ほどだ。

6.14大実淵沢右俣 046_R
愛染峠から朝日鉱泉へ向かう林道は西五百川(にしいもかわ)林道というようだが、現在通行止めとなっている。

6.14大実淵沢右俣 047_R
小国町へ抜ける予定だった大規模林道の分岐。こちら側は約1キロほど進んだところで切れているとのことだが、小国側は金目川の橋で終わっている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!