谷川・清水嵓

山歩き(谷川周辺)
03 /09 2016
3.4谷川・清水嵓 026_R
3/4 朝日の春山へ向けてのトレーニングで清水嵓へ行く。今年の朝日前衛の山々も雪が少ないようなので、尾根上の雪は最悪の状態が予想される。今年予定している朝日前衛の山の記録はあまりなく、中途半端に残る残雪処理にかなり苦労させられそうな状況だ。そのためにも雪山経験の少ない人を連れて行くことには不安とともに、足手まといになる懸念もあり、朝日の春山に参加を希望している人たちには、この時期の雪山を経験してもらわなければ同行を許可するわけにはいかない。また、私自身も、今年は雪山に入ることが少なく、今年の雪の状態を知る意味からも必要な山行でもある。当初予定は六日町の桂山という超マイナーな山だつたが、湯沢を過ぎたあたりから濃霧で視界がほとんど利かず、急遽、予備計画としていた谷川の清水嵓に変更する。この山も登山道はなく、唯一雪のある時に登られるマイナーな山でもある。

3.4谷川・清水嵓 002_R
土樽スキー場跡手前から取り付く。
通常は、スキー場を上がった所から取り付くようだが、今回は別ルートから尾根に取り付く。
ここは、2.5万図上の「つちたる」の「る」の字からの支尾根を上がるのが一番無難なルートのようだ。
下山はこの尾根を下ったが、支尾根の取り付きには赤テープと山道らしき道型が雪の上からもうかがえる。

3.4谷川・清水嵓 005_R
清水嵓北尾根に上がると仙ノ倉山、平標山が・・・。

3.4谷川・清水嵓 008_R
登ってきた支尾根方向には荒沢山と足拍子山が・・・。

3.4谷川・清水嵓 009_R
北尾根はやせ尾根だ。

3.4谷川・清水嵓 011_R
途中、1か所大岩が進路を塞ぐ。

3.4谷川・清水嵓 015_R
やせ尾根だが、ルート取りに困るところはない。

3.4谷川・清水嵓 023_R
清水嵓手前のピークに上がると、一気に谷川連峰の山並が視界に広がる。
前方が清水嵓

3.4谷川・清水嵓 029_R
3.4谷川・清水嵓 025_R
清水嵓の山頂は、谷川方面の大展望台だ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!