スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上州武尊山

2.19上州武尊山 033_R
2/13講習会の下見に武尊山へ行く。昨年の冬期講習会で計画した山だが、昨年は大雪に阻まれ登れず、来年は計画したいと思っている山だ。ただ冬期このルートからは1度も登ったことがないので、天候の不安定な冬場の講習では下見は欠かせない。
雪山初心者にとってのルート上の危険個所は剣ヶ峰の登りと下り、それ以外はほとんどないので、あとはやはり天候だ。天気さえ良ければ入山者も多く、トレースはあるので、川場スキー場のリフトを使えば楽に登ってこれる。ただやはり2000m越える山なので稜線上の風は強い。
今年は、どこも雪が少ないとのことだが、ここもやはり少なく、稜線上や山頂に地肌の見える部分があり、途中出会った山スキーの青年も川場谷を滑る予定だったようだが、雪が少ないので稜線を下るしかないと嘆いていた。

2.19上州武尊山 003_R
川場スキー場は登山者にも優しいスキー場だ。
リフト券売り場で登山届を出すとリフト2本乗り継いで、あっという間に剣ヶ峰の登り口1860mだ。

2.19上州武尊山 006_R
リフトを降りたところからの剣ヶ峰の最初の急登。左端が剣ヶ峰。
写真ではなだらかな登りのようだが、実際はかなりの急登だ。
ここが初心者には第一ポイント。下りの方が問題だ。

2.19上州武尊山 012_R
急登を登りきるとなだらかな稜線となり、剣ヶ峰直下の急登が望める。
ここから剣ヶ峰に登らず、右を巻くルートもあるようだが急斜面のトラバースルートだ。

2.19上州武尊山 014_R
剣ヶ峰山頂

2.19上州武尊山 017_R
剣ヶ峰からの下りの急斜面。
第2ポイント。アイゼンを付ければ問題ないか。

2.19上州武尊山 018_R
急斜面を下ったところから見た武尊山へ向かう稜線

2.19上州武尊山 021_R
剣ヶ峰からはアップダウンがある。

2.19上州武尊山 022_R
振り返ると剣ヶ峰のピークが。

2.19上州武尊山 026_R
かなり雪が少ないようだ。
武尊山へ登りが続く。

2.19上州武尊山 032_R
武尊山直下の登り。
山頂まで一登りだ。

2.19上州武尊山 034_R
武尊山山頂
雪が少なく、地肌が出ている。

2.19上州武尊山 035_R
山頂からの奥利根の山々

2.19上州武尊山 036_R
山頂から剣ヶ峰、赤城山方面

2.19上州武尊山 038_R
山頂から谷川連峰から巻機山方面の山々

2.19上州武尊山 046_R
剣ヶ峰の尖峰







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。