朝日・大鮎貝川

沢登り(朝日連峰)
06 /22 2015
150616-125221-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 093_R
6/16このまま沢を登らずに帰るのも他のメンバーに申し訳ないので、以前遡行したことのある大鮎貝川を登る。この川も昨年の豪雨の影響が残り、かなり荒れていたが、遡行に支障があるほどでない。ただゴーロ歩きが延々と続き、雪が解けたばかりの谷底はきれいとは言えず、また源流部は、今年の雪解けの遅さが残りほとんど雪渓で埋まっており、登山道が近づいたところで登山道に上がる

150616-084055-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 046_R
下流部は昨年の豪雨の影響がかなり残る。

150616-085315-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 049_R
荒れた河原歩きが続く。

150616-091454-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 052_R
ここも下流部は堰堤が多い。

150616-095650-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 058_R
ここはゴーロの続く沢だ。

150616-101603-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 062_R
滝も少しづつだが出てくる。

150616-104907-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 066_R
ただまだまだゴーロの渓相が続く。

150616-110239-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 068_R

150616-112827-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 073_R
740m付近二又

150616-113807-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 076_R
二又先の2段の滝

150616-114239-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 078_R
150616-114622-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 080_R
上段の滝は、左側から登る。

150616-123737-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 087_R
一見難しそうな滝だが、意外とオールドがある。

150616-131515-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 102_R
800mを越えるあたりからスノーブリッジが出てくる。

150616-134608-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 111_R
ほとんどの滝が登れるので楽しい。

150616-134919-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 113_R
910m付近、奥二又。
かなり雪渓が出てくる。

150616-141427-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 120_R
ほとんど雪渓で埋まる。

150616-142312-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 122_R
雪渓の切れ間の下降点の選択は難しい。

150616-142628-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 126_R
1070m付近からほとんど雪渓に埋まる。
ここから登山道に上がる。

150616-145829-6.15大実渕川 6.16大鮎貝沢 128_R
葉山山荘
登山道に出た所から20分ほどで葉山山荘に出る。
下山は白兎尾根の登山道を下る。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!