スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日・古寺鉱泉~古寺山

150608-132911-6.8朝日下見(古寺山) 058_R
6/8二口の講習会の帰路、そのまま帰るのももったいないので、朝日の大実淵沢脇戸沢を登る予定で行くも、頭殿山の両肩の沢筋に残雪が見えたので遡行を取りやめ、急遽、今年の残雪状況の下見に古寺鉱泉から古寺山へ登る。今年は、意外に雪解けが遅く、二口の大行沢源流部にも、今までにないスノーブリッジが2か所。登山道で会った大朝日小屋の管理人さんの話では、古寺鉱泉付近は例年にない大雪だったが、稜線上や稜線近くの尾根上の登山道の雪解けは早く、登山道に雪はほとんどないが、周りに雪は多いとのこと。今年の東北方面は雨が少なく、これからも雨の少ない日が続くとのことなので、沢筋の雪は、例年に比べ多いものと思われる。

150608-103410-6.8朝日下見(古寺山) 017_R
駐車場から古寺鉱泉へ向かう道
5/24にはまだ雪が少し残っていたということだが・・・。

150608-103747-6.8朝日下見(古寺山) 020_R
古寺鉱泉の脇の登山道から

150608-113308-6.8朝日下見(古寺山) 025_R
ハナヌキ峰分岐に向かう登山道は初めて。これで朝日の登山道はすべて歩いたことになる。
右側を流れるオオワカ沢も下見の対象だが、沢床は見えない。

150608-120153-6.8朝日下見(古寺山) 032_R
一服清水から古寺山方面を見ると、三ノ沢源頭部をびっしりと残雪が埋める。

150608-120820-6.8朝日下見(古寺山) 035_R
ハナヌキ峰分岐手前で、初めて登山道を残雪が埋める。

150608-121156-6.8朝日下見(古寺山) 037_R
ハナヌキ峰分岐からは、何度も歩いた道だ。

150608-123642-6.8朝日下見(古寺山) 040_R
分岐から古寺山までは、少しだけだが残雪が登山道を埋める。

150608-130524-6.8朝日下見(古寺山) 048_R
登山道脇には、まだ雪が多く残る。

150608-131523-6.8朝日下見(古寺山) 053_R
150608-131538-6.8朝日下見(古寺山) 054_R
古寺山から見た小朝日岳や朝日連峰の主稜線は、まだまだ雪が多く残る。

150608-131624-6.8朝日下見(古寺山) 056_R
古寺川の沢筋も雪でほとんど埋まっている。

150608-131639-6.8朝日下見(古寺山) 057_R
入りソウカ沢もびっしりと雪で埋まっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。