スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯豊・地蔵岳

120505-120224-5.4-5 地蔵岳 051_R
5/5前日、倉手山に登り、そのまま大日杉登山道へ向かい、暗くなる前に小屋に入る。先客は単独行の方が1人。その方の話では先行者はなく、3日に入山してきたパーティは地蔵岳への取り付きが分からず引き返してきたが、その方はこの日地蔵岳まで登ってきたとのこと。夏道を知らないと藪が濃いので地蔵岳に上がる登山道に乗れないとのことだった。翌朝、単独の方が下山した後、天気は何とか持ちそうなので地蔵岳を目指す。取り付き付近は雪で埋まり、尾根に上がるところも急なため取り付きやすい斜面を尾根に上がるが、登山道はなく、ナタ目でわずかに切り開きがある。ただこの藪は飯豊の藪漕ぎに慣れている私には藪とは言えない。15分ほど上がると登山道に出る。登山道はかなりの急斜面を上がってくるようだ。尾根に上がる急斜面の雪の間に鎖が見える。あとはこの登山道を上がるのみ。残雪が多く、所々登山道は雪で埋まり、雪庇の上を歩くことに。早朝霧雨だったが、雨も上がり、だんだん視界が開けてくる。地蔵岳の登りはかなり急な雪庇の上を歩く。地蔵岳の山頂だけ雪はない。この先は雪庇の張り出しが強く、トレースもないので、このゴールデンウィーク中登ったパーティはいなかったのだろうか?下山を始めたころから青空が出始め、小屋に戻るころには快晴の良い天気となる。荷をまとめ、フキノトウを採りながら車に戻り、白川温泉で汗を流し、喜多方、磐越道経由で翌早朝東京へ戻る。

120504-173518-5.4-5 地蔵岳 002_R
雪で埋まる林道を小屋へ向かう。
大鳥林道や玉川の林道に比べれば雪崩箇所はほとんどない。

120504-183221-5.4-5 地蔵岳 004_R
日没前に小屋に着く。

120505-081522-5.4-5 地蔵岳 009_R
地蔵岳の登山道はこのプレートのあるところに上がる。
上がるところまではびっしり雪で埋まり、かなりの急斜面なので夏道を知らないとわからない。
大日杉は初めて、飯豊の沢に入ってもこちら側に下山することはなかった。

120505-084005-5.4-5 地蔵岳 014_R
所々登山道が出ている。
私の好きな景観が広がる。

120505-091213-5.4-5 地蔵岳 017_R
御田直下の急斜面はびっしりと雪で埋まる。

120505-091606-5.4-5 地蔵岳 020_R
御田はこの立派な杉の大木が目印だ。

120505-095139-5.4-5 地蔵岳 027_R
だまし地蔵までも急な雪面の登りが続く。

120505-104914-5.4-5 地蔵岳 032_R
滝切合の鍋越山分岐を過ぎると地蔵岳の最後の登りが待っている。
雪原となっているので分岐は分からない。

120505-111511-5.4-5 地蔵岳 036_R
地蔵岳
山頂部分だけ雪はない。

120505-114155-5.4-5 地蔵岳 039_R
山頂部分から見た種蒔山へ向かう尾根は、びっしりと雪で埋まる。

120505-115037-5.4-5 地蔵岳 041_R
山頂直下の急斜面はアイゼン、ピッケルなしなのでバックステップで下る。

120505-115042-5.4-5 地蔵岳 042_R
下山を始めてすぐ、種蒔山方面の尾根が姿を現す。
天気が急速に回復してきたようだ。

120505-115721-5.4-5 地蔵岳 047_R
展望が一気に開けてくる。

120505-123439-5.4-5 地蔵岳 056_R
青空が広がり、飯豊の稜線も見渡せるようになる。

120505-130613-5.4-5 地蔵岳 067_R
登りでは見えなかっただまし地蔵方面も青空にくっきりと見渡せる。

120505-132001-5.4-5 地蔵岳 071_R
登りではわからなかった尾根に上がる登山道の雪面を下る。
小屋まで雪でびっしり。夏道を知らないと登り口は分からない。

120505-152307-5.4-5 地蔵岳 079_R
下山の林道でカモシカに出会う。
今回は登りの尾根でテンにも出会う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。