飯豊前衛・倉手山

山歩き(飯豊連峰)
05 /15 2012
120504-121233-5.4倉手山 043_R
5/43日からの飯豊雪山講習は3日の雨で飯豊本山は中止。ただ皆さんを予定どうり米沢駅で出迎えたため、このまま返すわけには行かず、日帰りで登れる山を天候次第で登ることに。まずは3日宿泊予定の大日杉小屋を目指すも民宿惣兵衛のところで通行止め。この時期はこの少し先からまだ除雪されておらず、車で小屋まで入れないようだ。仕方なく3日は米坂線の無人駅で泊まる。3日は1日中雨。4日は小国方面は何とか天気が持ちそうな予報。そこで予備計画としていた飯豊の展望台といわれる倉手山へ向かう。

120504-084909-5.4倉手山 001_R
飯豊梅花皮荘の駐車場に車を置いて出発。
この日はマタギ祭りで駐車場は車が一杯。

120504-091726-5.4倉手山 005_R
飯豊山荘へ向かう林道もまだ除雪されておらず通行止め。
この林道も雪崩の箇所が多い。

120504-092434-5.4倉手山 007_R
倉手山登山口標識がわずかに出ていたが、雪が多いときは分かりにくい所だ。

120504-093414-5.4倉手山 009_R
入口は雪で埋まっていたが、登山道には雪がない。
かなり歩かれているようだ。

120504-103029-5.4倉手山 015_R
上部は残雪が多い。
雪の上の方が快適だ。

120504-103034-5.4倉手山 016_R
倉手山までまだまだ遠い。

120504-110447-5.4倉手山 028_R
P893を過ぎると雪庇の上を歩くことが多くなる。
登山道は雪に覆われ、藪が多く歩きにくい。

120504-114244-5.4倉手山 032_R
倉手山山頂付近の雪原
あいにくの天気で飯豊本山は雲の中。

120504-122744-5.4倉手山 048_R
下山も雪庇の脇を…。

120504-124507-5.4倉手山 052_R
下の方は新緑が…。
白と淡い緑と黒のコントラストが何とも言えない。
ここに真っ青な青空があれば、私の大好きな光景が広がる。

120504-131121-5.4倉手山 058_R
登山口に到着。
泡の湯温泉で汗を流し、大日杉小屋を目指す。
明日は天候次第で地蔵岳に登る予定だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!