スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日前衛・荒川折戸川

131014-114130-10.14折戸川 064_R
10/14日帰り2本目の沢は、荒川折戸川。ほとんど登られていない沢だが、蕨峠の西側に位置する鷹ノ巣山を水源とする沢だ。今回、当初は長津川の本支流を予定していたのだが、このところの暖かさで、まだヒルが活動しているとの情報があり、女川矢木ノ沢に変更したのだが、女川も林道通行止めで、二転三転しての折戸川だ。ただこの沢はヒルの多い長津川の隣の沢なので、ヒルがいる可能性はあるのだが、源頭部の大スラブ見てみたいのと蕨峠から鷹ノ巣山への山道の確認もあっての入渓だ。入渓は、小国から奥三面に抜ける林道の橋からだが、この林道は、昔よく三面川に入るのに使った道で懐かしい。

131014-090514-10.14折戸川 006_R
下流部は、非常に穏やかな沢だ。

131014-092001-10.14折戸川 012_R
黒貝沢出合手前に大きな釜を持った逆さくの字の斜瀑からゴルジュ状の所が出てくる。

131014-092542-10.14折戸川 016_R
くの字滝の上にさらに大きく深い釜を持った5m程の滝が懸る。
ここは登れず、左岸を大きく巻いて黒貝沢との出合に出る。

131014-094051-10.14折戸川 017_R
黒貝沢出合手前で沢に降りる。
草木の生えているところが結構上なので、上流部の渓相が分かる。

131014-094952-10.14折戸川 022_R
131014-100044-10.14折戸川 023_R
黒貝沢を過ぎてすぐに狭量部となる。
泳げば行けるが、今回は泳ぎをパス。

131014-100059-10.14折戸川 025_R
沢床は平凡だが、沢幅が狭く、雨天時は注意が必要だ。

131014-100536-10.14折戸川 028_R
131014-101409-10.14折戸川 033_R
沢幅いっぱいの深い長淵がいくつもあり、なかなか面白い。

131014-110736-10.14折戸川 043_R
一枚オソ沢から高国沢までの間が、唯一安心して遡行できるところだ。

131014-112341-10.14折戸川 048_R
高国沢を過ぎると、また狭量部となる。

131014-112826-10.14折戸川 052_R
ミツバチ沢出合下に懸る下部が大きく抉られた8m程の滝。
簡単に左岸を巻ける。

131014-113448-10.14折戸川 057_R
ミツバチ沢出合。ミツバチ沢は水量が多く、下流部は滝が多そうだ。
大滝の高巻き途中から見えるミツバチ沢には登れそうもない滝が懸っているのが見える。

131014-114138-10.14折戸川 065_R
地形図上の大滝。地形図とは、少し位置が違い、ミツバチ沢との出合からすぐの所に懸る。
大スラブの壁の間から流れ落ちる30m程の素晴らしい滝。
この滝を見るだけでも遡行した価値のある沢だ。

131014-120528-10.14折戸川 071_R
大滝は左岸から大きく巻き、地形図上の左岸の枝沢手前に降りる。

131014-120611-10.14折戸川 073_R
大滝上は、植生の薄い朝日特有のV字谷となり、雨天時は要注意だ。
この日は時間切れで左岸の枝沢から稜線に上がったが、本谷上流部の滝場は、かなり手強い登攀が強いられるものと思う。

131014-123854-10.14折戸川 077_R
大滝上、左岸の枝沢はエスケープルートとして使える沢だ。

131014-131318-10.14折戸川 084_R
鷹の巣山は登山道のない山と思っていたが、立派な登山道があるのに驚く。ただやたらとゴミが多いのが残念だ。

131014-132841-10.14折戸川 088_R
折戸川源頭部の大スラブに滝が懸っているのが見える。
折戸川は上流部から上はかなり厳しく、遡行はかなり難しいもと思われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。