朝日・荒川角楢沢上ノ沢

沢登り(朝日連峰)
08 /16 2013
130812-070639-8.11-12角楢沢上ノ沢 071_R
8/11-12予定は10-13日の予定で、会の夏合宿として東大鳥川西ノ俣沢金堀沢~枡形川岩魚沢を計画したが、初日から断続的に雨が降ったり止んだりの天気に西ノ俣沢は20㎝程の増水。少し濁りも入り、翌日の天気も不安定な予報なので入渓を1日遅らせるも、10日の夜から断続的に強い雨が降り続き、11日の早朝の大鳥川は濁流に…。ここで入渓を断念、急遽予備として計画していた荒川水系に転進する。転進先の荒川水系の小国の天気は晴れ、増水もなく、角楢沢上ノ沢を1泊2日で遡行することにして角楢小屋を目指す。私が最後に泊まった角楢小屋は古いかまぼこ型の小屋の脇に建てられた真新しいきれいな小屋だったが、2年前に角楢小屋に泊まったことのある同行者2人は暗い小屋で泊まりたくない小屋だという。まだ不安定な天候なので沢の中に泊まるのは少し躊躇われたが、あまりにも変わってしまった角楢小屋を見て、沢中1泊で角楢沢上ノ沢を登ることにする。

130811-135414-8.11-12角楢沢上ノ沢 012_R
角楢沢出合に架かる本流の一本吊り橋を渡る。

130811-142032-P8112878_R_R.jpg
角楢小屋に立ち寄り、小屋から角楢沢へ降りる。

130811-144002-8.11-12角楢沢上ノ沢 019_R
大崩落跡

130811-150314-8.11-12角楢沢上ノ沢 027_R
角楢沢は両岸立ったところが多い。

130811-155720-8.11-12角楢沢上ノ沢 048_R
下ノ沢出合

130811-161846-8.11-12角楢沢上ノ沢 053_R
130811-161822-P8112909_R_R.jpg
下ノ沢出合上のゴルジュを行く。

130811-162555-P8112914_R_R.jpg
中ノ沢出合

130811-163453-8.11-12角楢沢上ノ沢 063_R
中ノ沢出合上の滝を登るも、次の滝は右岸から巻いて滝上に。
初日は、この滝上で泊まる。

130812-070226-P8122928_R_R.jpg
130812-070258-P8122929_R_R.jpg
2日目は初っ端から登れない滝が…。
上の写真の右に下のツルツルの滝が…。
少し戻り、左岸から高巻き滝上に。

130812-072919-P8122931_R_R.jpg
降りた所から見える正面の滝は、何とか左壁をヘツリで突破。

130812-093801-8.11-12角楢沢上ノ沢 092_R
上ノ沢もなかなか滝の多い沢だ。

130812-101947-8.11-12角楢沢上ノ沢 106_R
130812-102104-8.11-12角楢沢上ノ沢 108_R
770m二俣付近の本谷に懸る三連の大滝を登る。

130812-103008-8.11-12角楢沢上ノ沢 110_R
まだまだ大きな滝が懸る。

130812-114519-8.11-12角楢沢上ノ沢 129_R
130812-115122-8.11-12角楢沢上ノ沢 131_R
二俣の大滝群を抜けると大きな滝はなくなる。

130812-115944-P8122964_R_R.jpg
振り返ると祝瓶山の稜線が見えるようになる。

130812-121827-8.11-12角楢沢上ノ沢 140_R
奥の二又を過ぎると滝もほとんどなくなり、源頭の様相になる。

130812-124852-8.11-12角楢沢上ノ沢 143_R
本谷をそのまま詰めると登山道までの藪漕ぎが大変そうなので1200m付近で出合う小沢に入り、登山道を目指す。

130812-145958-8.11-12角楢沢上ノ沢 146_R
大玉山から大玉沢出合に向かう分岐までの登山道はあまり歩かれておらず、アップダウンも多く、疲れた体には堪える道だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!