谷川・武能岳西尾根

山歩き(谷川周辺)
04 /18 2013
130417-131356-4.17武能岳西尾根 060_R
4/17谷川連峰の武能岳西尾根に行く。今年の冬は積雪は多かったが、3月以降は暖かな日が続き、雪解けがかなり早く、西尾根下部に雪はない。西尾根に取り付くには蓬沢を渡らなければならないので、雪がないことを想定して沢タビを持参したが、何十年振りの雪代水で増水した沢の徒渉に高揚する。西尾根は武能岳北峰まで標高差1000m、両岸の沢の斜面がかなり切れ落ちているので迷うところはないが、二ノ沢の頭から北峰のヤセ尾根と北峰直下の急斜面は雪のついているときは要注意の場所だ。ただ雪が少ないと藪が出てくるので時間が掛かる。今回も下部
藪漕ぎと所々藪の出ているところの通過に時間が掛かり北峰まで4時間半もかかってしまう。天気は、曇りで午後3時過ぎから雨の降る予報だったが、早朝から晴れの良い天気となり、雨に降られることもなく、春山を満喫することができた。

130417-073517-4.17武能岳西尾根 006_R
増水した蓬沢の徒渉点を見つけるのが西尾根の第1歩だ。

130417-080732-4.17武能岳西尾根 007_R
西尾根取り付きはかなりの急斜面だ。

130417-083321-4.17武能岳西尾根 010_R
尾根に取り付くが、雪がなくしばらく藪漕ぎが続く。

130417-091216-4.17武能岳西尾根 013_R
蓬沢側に雪が付き、檜又谷側は雪がない。

130417-092403-4.17武能岳西尾根 015_R
蓬沢側が落ちているときは、檜又谷側の藪漕ぎとなる。

130417-093853-4.17武能岳西尾根 018_R
尾根がなだらかになると雪の上を歩けるようになる。

130417-093943-4.17武能岳西尾根 019_R
ブナの疎林の中の気持ちの良い登りとなる。

130417-094847-4.17武能岳西尾根 022_R
展望の良い尾根だ。

130417-101550-4.17武能岳西尾根 025_R
雪原の急登が続き、日の照り返しが強い。

130417-104516-4.17武能岳西尾根 034_R
一ノ沢側が切れ落ちている。
雪庇の踏み抜きに注意が必要だ。

130417-110300-4.17武能岳西尾根 037_R
二ノ沢の頭はまだ遠い。

130417-112436-4.17武能岳西尾根 040_R
二ノ沢の頭を越えるとヤセ尾根となる。

130417-114410-4.17武能岳西尾根 044_R
雪の踏み抜きに注意して進むが、武能岳の稜線上に雪はない。

130417-120017-4.17武能岳西尾根 047_R
北峰直下の急斜面に雪はない。

130417-120839-4.17武能岳西尾根 048_R
北峰にようやく上がる。右奥が武能岳。

130417-124424-4.17武能岳西尾根 055_R
ヤセ尾根の下りも要注意だ。

130417-131356-4.17武能岳西尾根 060_R
足拍子山やクロガネノ頭を正面に見ながら雪原を下る。
非常に展望の良い尾根だ。

130417-133255-4.17武能岳西尾根 063_R
雪原の気持ちの良い尾根下降が続く。

130417-144546-4.17武能岳西尾根 066_R
尾根の末端を出合に向け下降する。
雪代で増水しているので、徒渉は蓬沢の取水堰堤の上から。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!