朝日・杉立峰~菅沼~杉立沢右岸尾根

山歩き(朝日連峰)
03 /31 2013
130330-102824-3.30杉立峰 028_R
3/30朝日連峰の祝瓶山から南下する尾根を祝瓶山まで繋げる山歩きの1回目として羽前沼澤駅から綱川沢を囲む山々を1泊2日で周遊するコースを歩く目的で行くも、31日の雪予報にめげて宇津トンネル入口~杉立峰~菅沼~663峰~杉立沢右岸尾根の日帰りに変更し、その日のうちに帰京する。東京にいると朝日の残雪情報や道路の状況はなかなかわからない。直前まで車で行くかどうか迷っていたが、夜行バスを直前でキャンセルし、新しい車の運転に慣れる意味から車で向かう。朝方は雲が多かったが、次第に青空が広がり、良い天気となる。

130330-082844-3.30杉立峰 002_R
新宇津トンネルの小国側の入口から取り付く。

130330-085803-3.30杉立峰 005_R
取り付きは急だが、所々平坦な部分があり、比較的楽な登りだ。

130330-091754-3.30杉立峰 010_R
電波塔

130330-093305-3.30杉立峰 012_R
杉立峰までは、所々ヤセ尾根があり、不安定な雪庇の上を歩くことが多い。
また所々雪が落ち、藪の中を歩く。

130330-095532-3.30杉立峰 017_R
真新しい熊の糞がある。冬眠から覚めて熊も活動を始めたようだ。

130330-101318-3.30杉立峰 019_R
雪解けがかなり進んでするようだ。

130330-102054-3.30杉立峰 022_R
気持ちの良い雪面が広がる。

130330-110426-3.30杉立峰 034_R
飯豊町側は開けた部分が多く、雪庇もほとんど飯豊町側だ。

130330-112621-3.30杉立峰 038_R
611m峰へ向かう尾根

130330-120030-3.30杉立峰 043_R
菅沼は一面雪原だ。
611m峰から菅沼に向かう所は雪原が広がり、非常に分かりにくい所だ。

130330-130529-3.30杉立峰 047_R
菅沼で昼食タイム後、杉立沢右岸尾根の取り付きまで戻る。

130330-134625-3.30杉立峰 053_R
杉立沢右岸尾根には雪がびっしりと付いている。

130330-141728-3.30杉立峰 058_R
なだらかな尾根だ。
こちらの方が気持ち良い雪原歩きが楽しめる。

130330-143858-3.30杉立峰 061_R
尾根の末端までなだらかな尾根が続く。

130330-154105-3.30杉立峰 063_R
終端からは両側とも急斜面だ。
2.5万図の破線道は間瀬橋方面に向かっているが、今回は宇津トンネル側の急な雪面を慎重に下り、杉立沢に降りる。

130330-155019-3.30杉立峰 064_R
宇津トンネル側の急な雪面をトラバースし、入山地点に戻る。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!