スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大菩薩・徳並沢ノ頭~境沢ノ頭~嵯峨塩

130112-124916-1.12境沢ノ頭 041_R
1/12読図、藪山講習で大菩薩の山へ行く。ルートは甲斐大和駅~(徳波沢左岸尾根)~徳並沢ノ頭~古部山~境沢ノ頭~源次郎岳~嵯峨塩~やまと天目山温泉だったが、意外に時間がかかり源次郎岳はパスし、境沢ノ頭から嵯峨塩経由で天目山温泉に下山する。ただ残念なことに天目山温泉は臨時休業中、最初は体がほてっていたので良かったが、バスの時間まで1時間超の待ち時間は底冷えのする寒さでウンザリ、結局今年最初の講習は温泉なしで解散となる。
徳波沢沿いの林道の末端から徳波沢左岸尾根に取り付いたが、踏み跡はなく、右側の斜面にブドウ畑が現れる所からようやく踏み跡が現れる。この時期は下草がなく、道がなくても歩きやすいが、この尾根はアップダウンが多く、意外に体力を消耗する。古部山を過ぎるとなだらかな尾根が境沢ノ頭まで続き、気持ちの良い尾根歩きが楽しめる所だが、途中林道が尾根を分断するのが残念だ。
130112-082544-1.12境沢ノ頭 001_R
徳波沢が見える所から尾根に上がる。

130112-085043-1.12境沢ノ頭 004_R
踏み跡はないが歩きやすい尾根だ。

130112-092444-1.12境沢ノ頭 010_R
ブドウ畑右尾根が合わさるところから明瞭な踏み跡となる。

130112-101027-1.12境沢ノ頭 015_R
徳並沢ノ頭(徳波沢ノ頭)どちらが正しいのか?
山頂には両方の看板が・・・。

130112-112022-1.12境沢ノ頭 020_R
徳並沢ノ頭から西大志山、古部山間は激しいアップダウン続き、体力が消耗する。

130112-112027-1.12境沢ノ頭 021_R
西大志山

130112-114502-1.12境沢ノ頭 027_R
古部山
以前はなかった山頂の看板や道標がある。

130112-120232-1.12境沢ノ頭 029_R
古部山からは穏やかな尾根が続く。

130112-120540-1.12境沢ノ頭 031_R
尾根が広いので踏み跡も不明瞭だ。

130112-123748-1.12境沢ノ頭 035_R
三角コンバ

130112-124749-1.12境沢ノ頭 038_R
境沢ノ頭
八ヶ岳や南アルプス、富士山の展望が良い。

130112-141034-1.12境沢ノ頭 052_R
林道に出る。

130112-143849-1.12境沢ノ頭 055_R
源次郎岳登山口
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。