FC2ブログ

朝日前衛・三面川水系門前川赤沢川

沢登り(朝日連峰)
10 /29 2017
10.26赤沢川 087_R
10/26-27と天気が良い予報に、久しぶりに朝日の沢へ行く。この時期は、蛭のいなくなる三面水系の下流域の沢を狙っているのだが、今回は、長津川黒倉沢に入る計画で行く。長津川上流部へは、小揚川沿いの林道から才ノ神峠越えで入るのだが、小揚の集落を少し進んだところで林道が崩落し、通行止めの看板。日帰り予定だったため、長津川入渓を断念。仕方なく、26日は荒川水系の沢の入渓点の確認と門前川林道の確認で1日費やす。27日は赤沢川が関川村からなら入れることを確認したので、赤沢川の右俣遡行、左俣下降の計画で行くが、赤沢川上流二俣まで延々と続く平坦な沢歩きに時間が掛かり、右俣、左俣の周遊を断念。本流左俣の地形図上の滝の確認のみに終わる。この滝は、21号台風の大雨の影響なのか水量が多く、豪快に落下する滝に圧倒される。

10.26赤沢川 011_R
赤沢川沿いの林道の終点は地形図どうり。林道終点から山道が、右岸の沢出合で本流を渡り左岸沿いに堰堤の上まで続いている。

10.26赤沢川 035_R
10.26赤沢川 037_R
赤沢川は地形図どうり平坦な流れだ。

10.26赤沢川 042_R
どこまでも平坦な流れが続く。

10.26赤沢川 044_R
コマタ峰を水源とする沢との出合

10.26赤沢川 046_R
10.26赤沢川 058_R
本流は、蛇行を繰り返しながら平坦な流れが続く。

10.26赤沢川 063_R
289m左岸枝沢出合
右俣を登り、この枝沢を下ることも、日帰りでなら可能かも。

10.26赤沢川 072_R
二俣
ここまで林道終点から約3時間近く、日帰りでの周遊は、この時期厳しい。

10.26赤沢川 076_R
左俣の本流に入って間もなくゴルジュに入る。370m付近だ。

10.26赤沢川 077_R
ゴルジュ出口に初めて4m程の直滝が懸かる。
ここは登れずゴルジュ出口に戻って右岸から高巻く。

10.26赤沢川 089_R
4mの滝上は、左岸枝沢との出合だ。

10.26赤沢川 080_R
巻き終わった所からわずかで、前方に地形図上の滝が見えてくる。

10.26赤沢川 082_R
地形図上の滝

10.26赤沢川 085_R
豪快な滝だ。
全く登れない滝だが、両岸かなり立っているのでかなりの大高巻きになりそうだ。
ここで昼近く、以降何が出て来るかわからないのでここで引き返す。
スポンサーサイト

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。