朝日・八久和川高安沢カブトノ沢

沢登り(朝日連峰)
09 /19 2017
9.11高安沢カブトノ沢 038_R
9/12何十年振りかで八久和川の支流を登る。この沢は、8月に登る予定でいたが、義父が亡くなったとの知らせに急遽自宅へ戻ったため入渓できなかった沢だ。ここは、八久和の下流部の沢では、以前から気になっていた沢だ。特に、4年前の5月のGWに朝日軍道の末端を歩いた時、兜岩の巻でカブトノ沢側の尾根に山道らしきところがあったので、その山道の存在を確認してみたい思いと、高安沢と兜岩の雪のない稜線を見てみたいという思いもあった。
 前日、塾の講習後、水上から山形県の道の駅「あつみ」へ移動、翌日、鶴岡周りで鱒淵林道から八久和川沿いの林道を猿倉橋まで入る。鱒淵林道は何十年振りかだ。

9.11高安沢カブトノ沢 005_R
八久和川林道の高安沢の橋から入渓する。
林道は、この橋まで通れそうだったが、猿倉橋先の路面が抉れ、不安だったので猿倉橋の手前に駐車する。

9.11高安沢カブトノ沢 009_R
9.11高安沢カブトノ沢 018_R
しばらくは平凡な河原が続くが、なぜか気持ちが良い。

9.11高安沢カブトノ沢 024_R
カブトノ沢との出合近くになってようやく沢幅が狭くなってくる。

9.11高安沢カブトノ沢 033_R
高安沢、カブトノ沢出合

9.11高安沢カブトノ沢 034_R
カブトノ沢出合から見た高安沢は滝場が続くように見える。
出合の滝もちょっと難しそうだ。カブトノ沢も出合から滝だ。

9.11高安沢カブトノ沢 035_R
カブトノ沢出合の滝の上に現れる6m直瀑
倒木の立て掛かる左壁が登れる。

9.11高安沢カブトノ沢 039_R
すぐに現れる3段15m程の滝は登れず、右岸巻き。写真の見た目より立っている。

9.11高安沢カブトノ沢 046_R
3段15m程の滝上からは平凡な渓相となる。

9.11高安沢カブトノ沢 048_R
時々2~4m程の滝が懸かるが、難しいところはない。
写真の滝も左壁際を簡単に上がれる。

9.11高安沢カブトノ沢 049_R
平凡だが、他の朝日の水系の沢より荒れた感じがない。

9.11高安沢カブトノ沢 051_R
ほとんど登れる小滝ばかりだが・・・。

9.11高安沢カブトノ沢 056_R
カブトノ沢二俣
左俣へ入る。

9.11高安沢カブトノ沢 060_R
傾斜が増してくるが、滝場は少ない。

9.11高安沢カブトノ沢 064_R
時々現れる滝場

9.11高安沢カブトノ沢 067_R
ここで引き返す。GPSは862mを指す。
スポンサーサイト

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。