スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日前衛・末沢川大石沢滝沢、ドデンノ沢

10.15-16大石沢 121_R
10/14-15朝日前衛の末沢川大石沢へ行く。朝日には大石沢という名の沢が多いが、名前の由来は何なのか調べてみるのも必要かもしれない。この大石沢は奥三面ダムができる以前は末沢川に流れ込む沢だったが、今は奥三面ダム湖であるあさひ湖に流れ込む。本谷は流域面積が広く、標高の一番高い黒倉山(947)を水源に持つドデンノ沢と思われるが、三角点のある鷹ノ巣山を水源とするムキ沢との水量比は変わらない。むしろムキ沢の方が本谷といえる景観をしている。この水系は、上流部はスラブ壁が多く見られ、沢も上部はスラブ滝が懸かり、部分的に難しい登攀が強いられそうな沢だ。昔よく通った三面林道が入渓点だが、湖岸道路は荒れ果て、車は通れない。今回は初めての沢なので、腰の具合が悪いこともあり、とりあえず、両サイドの沢と尾根筋の藪の濃淡、踏み跡の有無の確認を兼ねて両サイドから攻めてみる。

10.15-16大石沢 001_R
湖岸道路は、三面林道から先は草茫々で入れない。

10.15-16大石沢 002_R
大石沢に掛かる橋は立派な橋だが、ここまで草ぼうぼうの林道跡を歩く。
三面林道の車止めから15分ほどだ。

10.15-16大石沢 010_R
10.15-16大石沢 015_R
大石沢は、平凡な渓相だ。
初日は、橋下から少し上がった所にテントを張り、滝沢を登り、以前時間切れで行けなかった稜線反対側の折戸川上流部を行けるところまで行き、滝沢右沢を下降し、テント場に戻る計画で行く。

10.15-16大石沢 018_R
滝沢は3段の大きな滝で出合っている。
左から高巻く。

10.15-16大石沢 020_R
高巻き途中に出会う踏み跡を辿り滝上に出るが、すぐミニゴルジュが。

10.15-16大石沢 025_R
10.15-16大石沢 028_R
下流部は両岸狭く、河原はほとんどない。

10.15-16大石沢 040_R
10.15-16大石沢 043_R
340m付近で左岸から3m程の滝を懸けて枝沢出会う先から立て続けに登れない滝が懸かる。
高巻きは左岸。

10.15-16大石沢 049_R
10.15-16大石沢 050_R
三連瀑、最後のトイ状の滝は、少し水流を浴びながら登る。

10.15-16大石沢 055_R
410m付近奥二又の左沢に入ってすぐ現れる滝は登れず左岸から高巻く。
この滝を最後に、滝上からは穏やかな平凡な渓相となる。

10.15-16大石沢 066_R
藪漕ぎなしに鷹ノ巣山の登山道に出る。
遅くなったこともあり、折戸川をあきらめ、そのまま登山道からビンニム沢右岸尾根を末沢橋へ下りBCへ戻る。

10.15-16大石沢 085_R
2日目は本流であろうドデンノ沢を登る。ただ昨日尾根からドデンノ沢上流部に山肌一面に広がるスラブ岩が見えたので、とりあえず行けるところまで遡行することに。

10.15-16大石沢 090_R
ムキ沢出合までは平凡な渓相だ。
出合付近は開けている。ここをベースにするのも面白い。

10.15-16大石沢 098_R
下ノ沢出合
ここまでは平瀬とゴーロの続く平凡な渓相だ。

10.15-16大石沢 103_R
下ノ沢出合から、すぐ地形図上の滝が現れる。
傾斜の強い20m程の大滝だ。中段までは登れそうだが、落ち口近くが立っている。
右岸の急斜面から高巻く。

10.15-16大石沢 109_R
大滝上からは小滝が続くようになる。

10.15-16大石沢 112_R
中ノ沢出合
出合の本谷側には大岩がある。

10.15-16大石沢 114_R
10.15-16大石沢 116_R
10.15-16大石沢 119_R
中ノ沢出合上は、すぐに連瀑帯となる。
入口の滝は登れず、右岸から高巻き、連瀑帯の中ほどに下り、中間部からの滝は直登する。
最後のトイ状の滝ツッパリで。

10.15-16大石沢 125_R
10.15-16大石沢 128_R
小滝が続く。

10.15-16大石沢 133_R
495m付近二俣はボサが被る。
本谷上流部を除く時間がなく、ここから右沢へ。

10.15-16大石沢 134_R
右沢二又は右へ

10.15-16大石沢 135_R
10.15-16大石沢 140_R
右沢は、すぐに水量が少なくなり、ボサが被るようになる。最後は、少しの藪漕ぎでドデンノ沢左岸尾根に上がる。

10.15-16大石沢 147_R
尾根には不明瞭ながらも踏み跡がある。藪は少なく、歩きやすい尾根だ。

10.15-16大石沢 146_R
尾根から見たドデンノ沢上流部のスラブ

10.15-16大石沢 148_R
この尾根は、やたらナタ目が多い。

スポンサーサイト
プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。