朝日・置賜野川彦松沢、中ノ沢金山沢~滝沢

沢登り(朝日連峰)
08 /19 2016
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 090_R
8/12-14会の夏合宿で置賜野川の支流へ行く。当初は西ノ俣沢の枝沢の予定だったが、他班の合宿メンバーが次々とリタイアし、急遽合流、場所も全く変更しての夏合宿となる。計画は私が立てるが、Lは会のリーダーにお願いすることに。今回の計画は3泊4日。1日目は、今年私が2度計画して入れなかった野川左岸の彦松沢へ。2日目以降は中ノ沢彦刀沢と金山沢出合をベースに小八形沢から八形沢下降、翌日金山沢から滝沢下降で計画したが、ベースまでの遡行に手間取り、1日目の八形沢をカット、金山沢から滝沢下降で下山する。中ノ沢は、地形図から見る限りは平凡な沢なのではと、あまり期待をしていなかったが、意外に滝やゴルジュが多く楽しめる沢だったので、合宿初日に遡行した彦松沢に拘ったことが裏目と出る。いつもは天気の悪いお盆の休みだが、今回は終日良い天気に恵まれたことも、彦松沢に拘ったことでメンバーに申し訳なかった。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 010_R
彦松沢F1
岩壁はツルツルで登れず高巻く。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 011_R
続く滝もツルツル。
登れない滝が連続するが、この上はゴルジュ帯。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 013_R
F2上のゴルジュ帯
彦松沢は、入渓後すぐに現れるこのゴルジュ帯までが核心部。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 023_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 022_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 027_R
入口以外は時々滝が懸かる程度で平凡な沢だ。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 030_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 032_R
唯一突破に苦労した800m付近の三連瀑の中間の滝。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 045_R
単調な沢となって登山道に上がる。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 064_R
中ノ沢は林道終点から沢に降りる。
林道の終点は滝沢のすぐ手前だ。林道入り口から2キロの標識のあるところまでは普通車でも十分走れる林道だが、入口で通行止めとなっている。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 067_R
滝沢出合
以前は、この付近まで林道が来ていたようだ。山奥には似つかない管が・・・。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 068_R
中ノ沢は平凡な渓相だが、水量の多い沢だ。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 076_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 078_R
滝沢と八形沢中間部670m付近、地形図上の滝マーク箇所はゴルジュ帯

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 089_R
八形沢との出合下に懸る10m程の滝
左側から滝の裏側を斜上すれば登れるが、今回は左岸の急なルンゼから高巻き、八形沢に降り、さらに本谷へ。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 104_R
彦刀沢と金山沢との出合下にも登れない小滝が・・・。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 108_R
彦刀沢と金山沢との出合
金山沢側の右岸が台地になっている。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 113_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 128_R
金山沢は適度に滝が懸かる。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 147_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 149_R
中流部からは倒木が多くなるが、滝も適度に懸る。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 178_R
上流部には登れない滝も。
V字谷に懸る滝は巻も難しい。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 192_R
滝沢は中沢の右沢を下る。
水が出てくるまでは草と低灌木の急斜面で、懸垂で下るところも。水が出てくると平凡な下りとなる。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 198_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 197_R
滝場は懸垂で下る。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 211_R
5mを越える滝も出てくる。
下れない滝も多く、懸垂下降を多用する。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 213_R
北沢出合

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 215_R
南沢出合

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 217_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 222_R
南沢を過ぎると滝場が続くようになり、滝の連続するゴルジュ帯も現れる。
明瞭な巻道も出てくる。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 226_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 231_R
8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 233_R
下流部はゴルジュが続き、なかなか面白い。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 236_R
滝沢に入ってすぐの地形図上の滝
大きな滝ではないので懸垂で降りられそうだが、今回は左岸から高巻き、途中明瞭な巻道に出て出合に降りる。

8.12-14置賜野川彦松沢、中ノ沢 238_R
滝の沢出合にある管
右側の石垣の所に明瞭な山道がある。
スポンサーサイト

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。