水上北毛・尼ケ禿山

山歩き(谷川周辺)
03 /25 2015
150323-112938-3.23尼ケ禿山 024_R
3/23予定は朝日の徳網山だつたが、雪でかなり荒れそうな予報のため、急遽、天気の良さそうな関東の山に変更し、前夜、関越トンネルを抜け、沼田の道の駅に前泊する。白太郎山から見た残雪の徳網山は、登りたい山の1つだつたが、吹雪の中登っても仕方がないので次回に回すことにし、講習会で悪天候のため登れなかった尼ケ禿山に登る。玉原スキー場の駐車場は平日にもかかわらず家族連れが多い。ここは孫を連れてきたいと思っていたスキー場なので、孫と同じくらいの小さな子供を連れた家族を見ると心が和む。晴れているにもかかわらず雪が舞い、風も強い。積雪もかなりあるが、前日のトレースが残り歩きやすい。山頂までは2時間ほどの軽い登りだ。下山は玉原越方面から駐車場へ戻る。

150323-100216-3.23尼ケ禿山 002_R
中心広場はまだ真っ白な雪原だ。

150323-100858-3.23尼ケ禿山 003_R
センターハウスまでは車が入るようだ。

150323-101955-3.23尼ケ禿山 006_R
正面にこれから登る尼ケ禿山が・・・。

150323-102200-3.23尼ケ禿山 007_R
玉原湖も真っ白な雪原だ。

150323-105217-3.23尼ケ禿山 011_R
東大玉原国際セミナーハウスからの登りは比較的なだらかで登りやすい。

150323-112436-3.23尼ケ禿山 020_R
風が強く、日が差している割には寒い。

150323-112911-3.23尼ケ禿山 023_R
山頂直下は展望の良い所だが、鹿俣山や剣ヶ峰山方面は雲に覆われている。

150323-121551-3.23尼ケ禿山 028_R
帰路は市界尾根を玉原越方面に向かう。
トレースはないが、広々とした尾根歩きだ。

150323-122930-3.23尼ケ禿山 030_R
登山道のある尾根を望む。

150323-125126-3.23尼ケ禿山 036_R
林道に出る。
スポンサーサイト

朝日前衛・三角点~元光兎山~湯蔵山(ゆぞうさん)

山歩き(朝日連峰)
03 /25 2015
150322-122625-3.22湯蔵山 055_R
22日は前衛の湯蔵山。前夜、まほろば温泉の宿泊棟に泊まり、今年初の朝日入山祝いをするが、寝不足からみな早々と撃沈。22日の予報は少し良くなり下山するまでは雨の心配がなくなる。この日のルートは松平の三角点登山口から三角点、元光兎山、湯蔵山を目指す。登山口が分かり難いとの情報があり、前日に下見をしていたので三角点松平登山口に迷うことなく着く。登山口から元光兎山まではなだらかな尾根が延々と続き、元光兎山から湯蔵山までは一旦100m以上下って登り返す体力勝負の山だ。登山口付近に雪はほとんどないが、この登山道はほとんど廃道化しており標高250m付近でガニ沢沿いの林道から上がってくると思われる立派な道が出てくる。平ノ木平付近からようやく雪の上を歩くようになるが、だらだらした尾根の登りに体力が消耗する。三角点山頂は雪に被われてわからなかったが、周りの木々に地元の学校登山らしいナタ目がある。三角点から元光兎山まではさらになだらかな尾根が続く。元光兎山山頂は光兎山、頭巾山の展望台だ。目指す湯蔵山はこの山行一番の難所。女川側が深く切れ落ち、大きな雪庇ができており鞍部までは急勾配の下りが続き、湯蔵山まではさらに100m以上の登り返しだ。帰りはこの急勾配を登り返すのかと思うとウンザリするほどだ。湯蔵山の山頂は木々に被われ、山頂標識もなくパッとしない山頂だ。久しぶりにロングコースを歩き、非常に疲れた1日だった。

150322-082359-3.22湯蔵山 003_R
松平の畜産団地脇にある三角点登山口から入山する。
ただ登山道らしき道は見当たらない。

150322-083238-3.22湯蔵山 006_R
150322-093314-3.22湯蔵山 011_R
マーキングがあるが、所々雪が残り道型ははっきりしない。

150322-093839-3.22湯蔵山 013_R
標高250mを越えたあたりから整備された登山道が出てくる。

150322-094903-3.22湯蔵山 018_R
主尾根に上がったところに旧道が合わさる。
旧道入口ははっきりした道型だ。

150322-102704-3.22湯蔵山 025_R
まだ尾根上に雪はまばらだ。

150322-104434-3.22湯蔵山 027_R
平ノ木平を過ぎたあたりから雪の上を歩くようになる。

150322-111150-3.22湯蔵山 037_R
三角点に目印となるものはない。
ただ地元ではかなり登られているのか学校登山を記すナタ目がある。

150322-111253-3.22湯蔵山 038_R
三角点からはなだらかな雪原の尾根歩きだ。

150322-114642-3.22湯蔵山 047_R
P644の独標までは意外と遠い。

150322-122341-3.22湯蔵山 053_R
独標から一旦下り100m程登り返したところが元光兎山山頂だ。
山頂手前の登り。

150322-122508-3.22湯蔵山 054_R
元光兎山山頂は広い雪原。

150322-122916-3.22湯蔵山 056_R
光兎山と頭巾山、女川右岸の山々の大展望台だ。

150322-124006-3.22湯蔵山 057_R
元光兎山から湯蔵山へは一旦100m以上急勾配の斜面を下り、登り返さなければならない。

150322-130910-3.22湯蔵山 064_R
湯蔵山山頂
山を楽しむだけなら元光兎山までで充分と思われる山頂だ。

150322-131921-3.22湯蔵山 066_R
150322-132747-3.22湯蔵山 068_R
元光兎山は遠い。

朝日・白太郎山

山歩き(朝日連峰)
03 /24 2015
150321-115126-3.21白太郎山 040_R
3/21トレーニングを兼ねたプライベート山行で朝日の白太郎山へ行く。今回の予定は22から23日までの2連チャンの朝日の山行き。予定は22日朝日前衛・元光兎山~湯蔵山、朝日・徳網山の2本だつたが、22日の予報が悪く、急遽、21日からの3連チャンに変更する。天気が良いのは21日のみということなので21日は朝日、飯豊連峰の大展望が望めるという小国の五味沢にある白太郎山に登ることに。白太郎山は地元では残雪期良く登られる山で、この日も林道脇には3台の車があり、先行者の足跡が残る。山スキーで登られる方たちもいるようで、スキーのトレースもあり、早々と下山してきたテレマークスキーの登山者と出発前に会う。登山道のない山なので残雪期にしか登られないが、山頂は360度の大展望台。暖かな日だったこともあり、朝日連峰の山々を見ながら去りがたい気持ちになる。

150321-093325-3.21白太郎山 004_R
五味沢の民家の脇から上がる。

150321-095203-3.21白太郎山 007_R
先行者のトレースがあり、トレースに従って上がるが、林道で出会ったテレマークスキーの方からどこからでも登れますよとの話の通り、トレースがいたるところにある。

150321-100432-3.21白太郎山 010_R
天気が良く、風もない絶好の登山日和だ。

150321-103350-3.21白太郎山 018_R
急登部分が多いが、展望が良く気持ちが良い。

150321-104120-3.21白太郎山 019_R
飯豊方面の山々の展望が良い。

150321-113451-3.21白太郎山 034_R
山頂に近づくにつれ、展望が良くなる。

150321-114944-3.21白太郎山 039_R
山頂は広々とした所だ。

150321-122238-3.21白太郎山 046_R
150321-122229-3.21白太郎山 044_R
山頂は360度の大展望が広がる。特に朝日連峰稜線の山々が間近に望める。

150321-124121-3.21白太郎山 050_R
150321-124434-3.21白太郎山 053_R
下山も朝日、飯豊の山々を見ながら広々とした雪原を下る。

150321-125051-3.21白太郎山 057_R
急斜面は尻セードで・・・。

150321-131232-3.21白太郎山 062_R
150321-131610-3.21白太郎山 063_R
23日に登る予定の対岸の徳網山を見ながら下る。

150321-132524-3.21白太郎山 066_R
あっという間に入山口へ。

水上北毛・板沢山周辺

山歩き(谷川周辺)
03 /06 2015
150305-125453-3.5板沢山周辺 007_R
3/5かみさんと板沢山周辺の散策に行く。相変わらずの突然の山行き。いつもかみさんには振り回される。朝、雪のある山へ行きたいと言われ、この時間に行ける山はなかなか思いつかず、すぐに雪のあるところに取り付ける板沢山へ。2月はかなり積雪のあった山だが、雪解けが進み、雪は前回の半分以下、所々地肌が顔を出し、雪も締まっているので登山靴だけで十分歩ける状態だったが、せっかくのスノーシュー持参にスノーシューをつけて歩く。ただ石神峠に着いたのはお昼。かみさんは雪の山を歩けるだけで良いらしく、1時間半ほど歩いてお昼を食べ引き返す。相変わらず元気で、平地用のスノーシューを履いていても登山靴だけの私より早い。

150305-115320-3.5板沢山周辺 001_R
石神峠の駐車帯
前回に比べ雪は少ない。

150305-121043-3.5板沢山周辺 004_R
雪解けがかなり進んでいるようだ。

へたれジージ

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。