スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日前衛・荒川大沢川

130813-102629-8.13大沢川 029_R
8/13荒川水系の沢第2弾は、荒川の赤芝峡にある大沢川。ほとんど記録のない沢で、国道から見る沢は平凡そのもの。ただ地形図上からは中流部までかなり等高線が詰まっており、スカの沢とは思えない。ネットで検索すると新潟の山岳会が良く入っているようで、その写真からもなかなか面白そうな沢だ。ただ問題は下山の足をどうするかで、なかなか入渓する機会がなかったのだが、前回の下見で沖庭神社へ向かう林道が、それほど荒れた林道ではないことが分かり、下山の足をタクシーとすることにして入渓する。結果は大当たりの沢で、入ってすぐに水をとっている水路があり、水路の上にある堰堤を越えると水量も多く、中流部までは滝滝滝の連続。それも登れる滝が多く、谷筋も上越の沢ではないかと思えるほど明るい。1か所登れない大滝の連瀑があり、この高巻きのルート取りが難しいが、それ以外はきわどい登攀を強いられるところもあるが、ほとんどが登れる滝なので楽しい沢だ。滝が終わるとブナの原生林が残る沢筋をゆったりと流れる沢に一変し、下山も沢沿いの踏み跡を見つけられれば林道まですぐだ。

130813-090048-8.13大沢川 007_R
130813-090621-8.13大沢川 010_R
鉄橋の下から入渓すると、しばらくは右岸に水路があり、水路が終わった先に大堰堤が…。

130813-091014-8.13大沢川 011_R
下流部もなかなかきれいな沢だ。

130813-091729-8.13大沢川 014_R
最初の通らず。泳いで取り付いてもCS滝で上がれるかどうか?
手前にトラロープあり。

130813-093748-8.13大沢川 019_R
枝沢も急峻な沢が多い。

130813-095724-8.13大沢川 023_R
ナメ滝も多く懸る。

130813-102737-8.13大沢川 030_R
10mを越える滝も多く懸り、なかなか面白い。

130813-110230-8.13大沢川 040_R
見た目登れそうもない滝も、意外に登れる。

130813-112758-8.13大沢川 049_R
トイ状の滝も…。

130813-114620-8.13大沢川 055_R
130813-120028-P8133006_R_R.jpg
大釜を持った10m滝の上に大滝が懸る。
10m滝手前のルンゼからの高巻きは、ルートをうまくとらないとかなり上に追いやられる。
遡行のポイントとなる高巻き箇所だ。

130813-131717-8.13大沢川 065_R
大滝上も、まだまだ滝場が続く。

130813-132201-8.13大沢川 068_R
130813-133428-8.13大沢川 074_R
130813-134230-8.13大沢川 078_R
130813-140532-8.13大沢川 083_R
10mを越える滝の連続だ。ほとんどの滝が登れるので楽しい。

130813-140929-8.13大沢川 085_R
130813-141619-8.13大沢川 090_R
550m付近に懸る大滝で等高線も落ち着くが…。

130813-142012-8.13大沢川 093_R
130813-142822-8.13大沢川 096_R
まだ続く滝も、下の滝でようやく終わる。

130813-144940-8.13大沢川 102_R
穏やかな流れに一変する。

130813-152002-8.13大沢川 108_R
620m付近で沢沿いに踏み跡が現れる。

130813-153212-8.13大沢川 109_R
ブナの原生林の広がるなかなか良い道だ。





スポンサーサイト

朝日・荒川角楢沢上ノ沢

130812-070639-8.11-12角楢沢上ノ沢 071_R
8/11-12予定は10-13日の予定で、会の夏合宿として東大鳥川西ノ俣沢金堀沢~枡形川岩魚沢を計画したが、初日から断続的に雨が降ったり止んだりの天気に西ノ俣沢は20㎝程の増水。少し濁りも入り、翌日の天気も不安定な予報なので入渓を1日遅らせるも、10日の夜から断続的に強い雨が降り続き、11日の早朝の大鳥川は濁流に…。ここで入渓を断念、急遽予備として計画していた荒川水系に転進する。転進先の荒川水系の小国の天気は晴れ、増水もなく、角楢沢上ノ沢を1泊2日で遡行することにして角楢小屋を目指す。私が最後に泊まった角楢小屋は古いかまぼこ型の小屋の脇に建てられた真新しいきれいな小屋だったが、2年前に角楢小屋に泊まったことのある同行者2人は暗い小屋で泊まりたくない小屋だという。まだ不安定な天候なので沢の中に泊まるのは少し躊躇われたが、あまりにも変わってしまった角楢小屋を見て、沢中1泊で角楢沢上ノ沢を登ることにする。

130811-135414-8.11-12角楢沢上ノ沢 012_R
角楢沢出合に架かる本流の一本吊り橋を渡る。

130811-142032-P8112878_R_R.jpg
角楢小屋に立ち寄り、小屋から角楢沢へ降りる。

130811-144002-8.11-12角楢沢上ノ沢 019_R
大崩落跡

130811-150314-8.11-12角楢沢上ノ沢 027_R
角楢沢は両岸立ったところが多い。

130811-155720-8.11-12角楢沢上ノ沢 048_R
下ノ沢出合

130811-161846-8.11-12角楢沢上ノ沢 053_R
130811-161822-P8112909_R_R.jpg
下ノ沢出合上のゴルジュを行く。

130811-162555-P8112914_R_R.jpg
中ノ沢出合

130811-163453-8.11-12角楢沢上ノ沢 063_R
中ノ沢出合上の滝を登るも、次の滝は右岸から巻いて滝上に。
初日は、この滝上で泊まる。

130812-070226-P8122928_R_R.jpg
130812-070258-P8122929_R_R.jpg
2日目は初っ端から登れない滝が…。
上の写真の右に下のツルツルの滝が…。
少し戻り、左岸から高巻き滝上に。

130812-072919-P8122931_R_R.jpg
降りた所から見える正面の滝は、何とか左壁をヘツリで突破。

130812-093801-8.11-12角楢沢上ノ沢 092_R
上ノ沢もなかなか滝の多い沢だ。

130812-101947-8.11-12角楢沢上ノ沢 106_R
130812-102104-8.11-12角楢沢上ノ沢 108_R
770m二俣付近の本谷に懸る三連の大滝を登る。

130812-103008-8.11-12角楢沢上ノ沢 110_R
まだまだ大きな滝が懸る。

130812-114519-8.11-12角楢沢上ノ沢 129_R
130812-115122-8.11-12角楢沢上ノ沢 131_R
二俣の大滝群を抜けると大きな滝はなくなる。

130812-115944-P8122964_R_R.jpg
振り返ると祝瓶山の稜線が見えるようになる。

130812-121827-8.11-12角楢沢上ノ沢 140_R
奥の二又を過ぎると滝もほとんどなくなり、源頭の様相になる。

130812-124852-8.11-12角楢沢上ノ沢 143_R
本谷をそのまま詰めると登山道までの藪漕ぎが大変そうなので1200m付近で出合う小沢に入り、登山道を目指す。

130812-145958-8.11-12角楢沢上ノ沢 146_R
大玉山から大玉沢出合に向かう分岐までの登山道はあまり歩かれておらず、アップダウンも多く、疲れた体には堪える道だ。
プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。