スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯豊・地蔵岳

120505-120224-5.4-5 地蔵岳 051_R
5/5前日、倉手山に登り、そのまま大日杉登山道へ向かい、暗くなる前に小屋に入る。先客は単独行の方が1人。その方の話では先行者はなく、3日に入山してきたパーティは地蔵岳への取り付きが分からず引き返してきたが、その方はこの日地蔵岳まで登ってきたとのこと。夏道を知らないと藪が濃いので地蔵岳に上がる登山道に乗れないとのことだった。翌朝、単独の方が下山した後、天気は何とか持ちそうなので地蔵岳を目指す。取り付き付近は雪で埋まり、尾根に上がるところも急なため取り付きやすい斜面を尾根に上がるが、登山道はなく、ナタ目でわずかに切り開きがある。ただこの藪は飯豊の藪漕ぎに慣れている私には藪とは言えない。15分ほど上がると登山道に出る。登山道はかなりの急斜面を上がってくるようだ。尾根に上がる急斜面の雪の間に鎖が見える。あとはこの登山道を上がるのみ。残雪が多く、所々登山道は雪で埋まり、雪庇の上を歩くことに。早朝霧雨だったが、雨も上がり、だんだん視界が開けてくる。地蔵岳の登りはかなり急な雪庇の上を歩く。地蔵岳の山頂だけ雪はない。この先は雪庇の張り出しが強く、トレースもないので、このゴールデンウィーク中登ったパーティはいなかったのだろうか?下山を始めたころから青空が出始め、小屋に戻るころには快晴の良い天気となる。荷をまとめ、フキノトウを採りながら車に戻り、白川温泉で汗を流し、喜多方、磐越道経由で翌早朝東京へ戻る。

120504-173518-5.4-5 地蔵岳 002_R
雪で埋まる林道を小屋へ向かう。
大鳥林道や玉川の林道に比べれば雪崩箇所はほとんどない。

120504-183221-5.4-5 地蔵岳 004_R
日没前に小屋に着く。

120505-081522-5.4-5 地蔵岳 009_R
地蔵岳の登山道はこのプレートのあるところに上がる。
上がるところまではびっしり雪で埋まり、かなりの急斜面なので夏道を知らないとわからない。
大日杉は初めて、飯豊の沢に入ってもこちら側に下山することはなかった。

120505-084005-5.4-5 地蔵岳 014_R
所々登山道が出ている。
私の好きな景観が広がる。

120505-091213-5.4-5 地蔵岳 017_R
御田直下の急斜面はびっしりと雪で埋まる。

120505-091606-5.4-5 地蔵岳 020_R
御田はこの立派な杉の大木が目印だ。

120505-095139-5.4-5 地蔵岳 027_R
だまし地蔵までも急な雪面の登りが続く。

120505-104914-5.4-5 地蔵岳 032_R
滝切合の鍋越山分岐を過ぎると地蔵岳の最後の登りが待っている。
雪原となっているので分岐は分からない。

120505-111511-5.4-5 地蔵岳 036_R
地蔵岳
山頂部分だけ雪はない。

120505-114155-5.4-5 地蔵岳 039_R
山頂部分から見た種蒔山へ向かう尾根は、びっしりと雪で埋まる。

120505-115037-5.4-5 地蔵岳 041_R
山頂直下の急斜面はアイゼン、ピッケルなしなのでバックステップで下る。

120505-115042-5.4-5 地蔵岳 042_R
下山を始めてすぐ、種蒔山方面の尾根が姿を現す。
天気が急速に回復してきたようだ。

120505-115721-5.4-5 地蔵岳 047_R
展望が一気に開けてくる。

120505-123439-5.4-5 地蔵岳 056_R
青空が広がり、飯豊の稜線も見渡せるようになる。

120505-130613-5.4-5 地蔵岳 067_R
登りでは見えなかっただまし地蔵方面も青空にくっきりと見渡せる。

120505-132001-5.4-5 地蔵岳 071_R
登りではわからなかった尾根に上がる登山道の雪面を下る。
小屋まで雪でびっしり。夏道を知らないと登り口は分からない。

120505-152307-5.4-5 地蔵岳 079_R
下山の林道でカモシカに出会う。
今回は登りの尾根でテンにも出会う。
スポンサーサイト

飯豊前衛・倉手山

120504-121233-5.4倉手山 043_R
5/43日からの飯豊雪山講習は3日の雨で飯豊本山は中止。ただ皆さんを予定どうり米沢駅で出迎えたため、このまま返すわけには行かず、日帰りで登れる山を天候次第で登ることに。まずは3日宿泊予定の大日杉小屋を目指すも民宿惣兵衛のところで通行止め。この時期はこの少し先からまだ除雪されておらず、車で小屋まで入れないようだ。仕方なく3日は米坂線の無人駅で泊まる。3日は1日中雨。4日は小国方面は何とか天気が持ちそうな予報。そこで予備計画としていた飯豊の展望台といわれる倉手山へ向かう。

120504-084909-5.4倉手山 001_R
飯豊梅花皮荘の駐車場に車を置いて出発。
この日はマタギ祭りで駐車場は車が一杯。

120504-091726-5.4倉手山 005_R
飯豊山荘へ向かう林道もまだ除雪されておらず通行止め。
この林道も雪崩の箇所が多い。

120504-092434-5.4倉手山 007_R
倉手山登山口標識がわずかに出ていたが、雪が多いときは分かりにくい所だ。

120504-093414-5.4倉手山 009_R
入口は雪で埋まっていたが、登山道には雪がない。
かなり歩かれているようだ。

120504-103029-5.4倉手山 015_R
上部は残雪が多い。
雪の上の方が快適だ。

120504-103034-5.4倉手山 016_R
倉手山までまだまだ遠い。

120504-110447-5.4倉手山 028_R
P893を過ぎると雪庇の上を歩くことが多くなる。
登山道は雪に覆われ、藪が多く歩きにくい。

120504-114244-5.4倉手山 032_R
倉手山山頂付近の雪原
あいにくの天気で飯豊本山は雲の中。

120504-122744-5.4倉手山 048_R
下山も雪庇の脇を…。

120504-124507-5.4倉手山 052_R
下の方は新緑が…。
白と淡い緑と黒のコントラストが何とも言えない。
ここに真っ青な青空があれば、私の大好きな光景が広がる。

120504-131121-5.4倉手山 058_R
登山口に到着。
泡の湯温泉で汗を流し、大日杉小屋を目指す。
明日は天候次第で地蔵岳に登る予定だ。

朝日・葛城山

120501-105624-5.1葛城山 055_R
5/1越後下関から鶴岡へ移動し、大鳥にあるタキタロウ館前の駐車場で一夜を明かす。この時期の大鳥は30年振り。その時は2泊3日で皿淵沢左岸尾根から茶畑山に登り葉山まで単独で連峰を縦走して以来だ。
今回は朝日軍道末端の山々を登る第1弾。若い頃なら皿淵沢左岸尾根から茶畑山、芝倉山、葛城山の周遊コースをとるのだが、今はその体力は0に近い。今回も葛城山から芝倉山を考えていたが葛城山山頂に着いたのは11時20分。下山の時間と連チャン続きの山行、3日からの飯豊雪山講習のためにも体力を温存しておかなければならず、早々と芝倉山を断念。ただ下山で最短ルートをとり、雪で埋まった林道歩きも順調だったので下山したのは15時半前。まだまだ残雪期に登りたい山がいっぱいあるにもかかわらず、早々と芝倉山を断念したことに悔いの残る山行となってしまった。

120501-074221-5.1葛城山 009_R
大鳥の林道は雪崩の箇所が多い。

120501-074638-5.1葛城山 010_R
雪崩の末端が本流まであとわずか。
左京淵ダム下の橋まで数か所左岸の沢からの雪崩の跡がある。

120501-075853-5.1葛城山 014_R
橋対岸の大葛城沢左岸尾根から取り付く。

120501-082818-5.1葛城山 017_R
この尾根にも踏み跡がある。
上部は雪で埋もれているので、この踏み跡がどこまで続いているのか…。

120501-093531-5.1葛城山 025_R
標高800m付近から尾根は雪で埋まる。
左右の展望が良い。

120501-101032-5.1葛城山 038_R
雪洞に良いところがいたるところにあるので、ここをベースに朝日軍道を歩くのも楽しい。

120501-103848-5.1葛城山 047_R
稜線まであとわずか。

120501-104752-5.1葛城山 050_R
120501-104757-5.1葛城山 051_R
1080mの稜線に上がると芝倉山茶畑山が眼前に広がる。

120501-105624-5.1葛城山 055_R
葛城山方面は雪原が広がる気持ちの良いところだ。

120501-111849-5.1葛城山 062_R
葛城山まであとわずか。

120501-112258-5.1葛城山 063_R
山頂から高安山の堂々とした山容が、右側は灯明岩
来年は高安山に登ってみよう。

120501-112558-5.1葛城山 066_R
振り返ると芝倉山から以東岳につながる稜線が…。
ここは朝日連峰の大展望台だ。
この下は、以前下降したことのある八久和川支流横沢だ。

朝日前衛・光兎山

4/30ゴールデンウィーク初日の沢登りを終え、1日休息を取って今年計画していた朝日の山へ行く。
今年は雪が多いということだが、予定は
1.葛城山 2.石見堂岳 3.三体山 4.湯蔵山 5.光兎山 6.鷲ガ巣山のうち2本
残雪の量で登る山をどれにするか、とりあえず現地に行かなければ状況は分からない。
前夜家を出たため越後下関の道の駅についたのは午前1時。
ここから登れる山は湯蔵山か光兎山、鷲ガ巣山しかない。とりあえず明るくなってから残雪量をみて決めることに。
120430-072732-4.30光兎山 002_R
県道から見た光兎山

120430-073112-4.30光兎山 003_R
立派な登山道がある山だ。

120430-080505-4.30光兎山 005_R
千刈登山口
4台ほどの駐車スペースがある。ただこの時期からブユが多く閉口する。

120430-081146-4.30光兎山 007_R
登山道はしばらく杉の植林地を行く。

120430-083457-4.30光兎山 011_R
植林を抜けると新緑の広葉樹林帯となる。

120430-084335-4.30光兎山 015_R
中束登山口からの道に合流。

120430-084357-4.30光兎山 016_R
対岸に湯蔵山が見える。道の駅から見ると雪はほとんどないが、反対側は雪がびっしり。

120430-090053-4.30光兎山 024_R
登山道脇の谷筋にはまだまだ雪が残る。

120430-091120-4.30光兎山 026_R
虚空蔵峰(629.4m)

120430-093052-4.30光兎山 036_R
観音峰

120430-093205-4.30光兎山 037_R
観音峰からみた光兎山。
奥の山が光兎山。まだまだ遠い。

120430-100747-4.30光兎山 047_R
登山道の脇にはカタクリが多い。

120430-101312-4.30光兎山 051_R
雷峰からようやく光兎山がまじかに。
光兎山に詰めあげるカラキ沢も面白そうだ。

120430-104905-4.30光兎山 058_R
光兎山山頂直下の急登箇所から登ってきた方角を望む。

120430-105948-4.30光兎山 061_R
光兎山山頂は360度の大展望台だ。

120430-110128-4.30光兎山 065_R
山頂から朝日連峰の山々が一望できる。
プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。