スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日前衛・梵字川小沢を囲む山々の周遊

5.1-2離森山~山足一分山 105_R
5/1-2 ゴールデンウィーク第二弾は梵字川小沢を囲む山々の周遊。前日朝は悪天予報だったので、小桧原川を囲む山々を日帰りし、1日休養して、2日に日帰りの山を考えていたのだが、30日の下山後、天気が良い方に変っていたので、急遽、1泊2日で月山第一トンネルの鶴岡側から昨年行った鍋森経由で三足一分山を目指すことに。三足一分山は、無名の山だが、登山道はなく、唯一この時期に登れる山だが、月山トンネル側から梵字川小沢の右岸尾根を回り込むルートは長く、小沢の水源である鍋森、離森山と、やはりこの時期でなければ登れない山々を辿る魅力的なルートだ。ただ日帰りでは長く、1泊2日では時間が余るので、雪洞泊りとし、雪洞初体験の仲間に雪洞を経験してもらう。

5.1-2離森山~山足一分山 001_R
昨年流れが出ていた梵字川の枝沢も、今年は雪で埋まっている。

5.1-2離森山~山足一分山 006_R
引越沢の右岸側の尾根に取り付く。

5.1-2離森山~山足一分山 009_R
大越峠から少し入った白土谷沢の源頭部の市町境に出る。
沢が埋まっていれば、ここが最短ルートだ。

5.1-2離森山~山足一分山 016_R
昨年も歩いた、なだらかな稜線を行く。

5.1-2離森山~山足一分山 019_R
ここに来ると、また山スキーを再開したくなる。

5.1-2離森山~山足一分山 025_R
ここは、月山方面の展望ルートだ。

5.1-2離森山~山足一分山 037_R
5.1-2離森山~山足一分山 039_R
初日は北沢山手前で雪洞泊
快適な雪洞に大満足。ただ雪洞づくりの大変さも体験したようだ。

5.1-2離森山~山足一分山 045_R
二日目は、雪洞に泊りの荷を置いて三足一分山を目指す。

5.1-2離森山~山足一分山 058_R
鍋森の山頂付近は、やはり藪だ。

5.1-2離森山~山足一分山 061_R
鍋森は昨年登っているので、今回はパス。

5.1-2離森山~山足一分山 066_R
地形図上池があるところは、一面の銀世界だ。
離森山は堂々とした山だが、今回は三足一分山がメインなので、帰路登ることにする。

5.1-2離森山~山足一分山 072_R
三足一分山へ向かう尾根は、非常になだらかな尾根だ。鳥海山を正面に臨みながら進むが、ただ長が~い。

5.1-2離森山~山足一分山 091_R
非常に展望の良い尾根だ。

5.1-2離森山~山足一分山 092_R
日本海も見渡せる。

5.1-2離森山~山足一分山 097_R
三足一分山は、まだまだ遠い。

5.1-2離森山~山足一分山 104_R
三足一分山は、横から見ると月山に向かって頭を垂れているような形をしている。

DSCN2872_R.jpg
三足一分山は月山の展望台だ。
真下に月山第一トンネルの鶴岡側の出口と我々の車が見える。

5.1-2離森山~山足一分山 112_R
スキーを使えば日帰りも可能だが・・・。

5.1-2離森山~山足一分山 122_R
帰路、離森山を目指す。

DSCN2890_R.jpg
離森山は360度の展望が広がり、朝日連峰、月山の大展望台だ。
ここからは日本海や佐渡島、粟島も見える。

5.1-2離森山~山足一分山 132_R
離森山から月山を正面に見ながら下る。

5.1-2離森山~山足一分山 146_R
雪洞に戻り、帰路に着く。
スポンサーサイト

朝日前衛・小桧原川を囲む山々の周遊

4.30小桧原川周遊 082_R
4/30ゴールデンウィーク第一弾は小桧原川を囲む山々の周遊。予定では、小桧原川左岸尾根から赤見堂岳に登り、稜線上を枯松山、大桧原山、紫ナデ、ヨウザ峰の小桧原川、大桧原川を囲む山々を2泊3日で周遊する計画だったが、29日の天気が悪く、5/1も悪い予報だったため、予備計画としていた小桧原川を囲む山々を日帰りで周遊する。小桧原川は34年前、シノマタ沢楢山沢から赤見堂岳直下の草原状の鞍部を乗越し、下降しているが、小桧原川の水源である赤見堂岳は、この時以来残雪期に山スキーで登ろうと計画し、実現できなかった山だ。

4.30小桧原川周遊 005_R
小桧原川に架かる橋から左岸尾根に取り付く。
尾根上は、ところどころ雪が付いているだけだが、藪は薄い。

4.30小桧原川周遊 009_R
先に地元の方らしき単独の方が先行して登って行かれたが、別ルートから左岸尾根に取り付いたようだ。

4.30小桧原川周遊 018_R
左岸尾根は月山、姥ケ岳、湯殿山方面の展望の良い尾根だ。

4.30小桧原川周遊 027_R
P757付近から尾根上に残雪が多くなり、歩きやすくなる。

4.30小桧原川周遊 038_R
急斜面の登りが多く、体力を消耗する。
先行した方は、かなり健脚の方か、それとも我々が遅いのか、全く姿が見えない。

4.30小桧原川周遊 051_R
石見堂岳の登り

4.30小桧原川周遊 054_R
振り返ると月山湖も見渡せる。なかなか良い景観だ。

DSCN2712_R.jpg
石見堂岳山頂

4.30小桧原川周遊 058_R
石見堂岳山頂付近は雪原が広がる。

4.30小桧原川周遊 064_R
正面に赤見堂岳が・・・。
まだまだ遠い。

4.30小桧原川周遊 066_R
雪面に覆われたなだらかな尾根が続く。

4.30小桧原川周遊 068_R
4.30小桧原川周遊 067_R
34年前に越えた鞍部のようだ。
上がシノマタ沢楢山沢、下が小桧原川の枝沢

4.30小桧原川周遊 079_R
赤見堂岳はもうすぐだ。

DSCN2725_R.jpg
DSCN2729_R.jpg
赤見堂岳山頂と三角点

4.30小桧原川周遊 087_R
赤見堂岳から枯松山方面に続く稜線をP1327峰へ向かう。

4.30小桧原川周遊 097_R
P1327峰から馬場平へ続く尾根を下る。

4.30小桧原川周遊 099_R
左: 月山と小桧原川左岸尾根を望む。

4.30小桧原川周遊 100_R
右: ヨウザ峰と朝日連峰主稜線の山並

4.30小桧原川周遊 115_R
小桧原川右岸尾根は最後の方が急だ。

4.30小桧原川周遊 119_R
右岸尾根はほとんど尾根上に雪が残り、藪漕ぎはほとんどない。

朝日・根子沢を囲む山々、四郎岳、朝日軍道鱒淵側探索

3.19四郎岳  063_R
3/18-20と朝日の雪山へ行く。予定では1泊2日で大鳥高岡~四郎岳~常願寺山、最終日は朝日軍道の鱒淵側からのルート探索だったが、18日の夜から大荒れの天気になる予報と、積雪量の多さから泊りを断念。3日間日帰りに変更。初日は大井沢の寒河江川根子沢を囲む山々の周遊、2日目は大鳥の四郎岳、最終日、朝日軍道探索をする。結果、初日の根子沢を囲む山々(最高点・熊鷹山)の周遊が一番の核心だった。

3.18熊鷹山 051_R
熊鷹山
3/18は大井沢の寒河江川根子沢を囲む山々の周遊コース。ここは登山道はなく、超マイナーな山、熊鷹山が最高点。熊鷹山は稜線上の朝日連峰の山々に上がる途中にあり、登山道から離れており、全く見向きもされない山だ。
前夜東京を出てきたので、西川の道の駅には1時近くになり、ほとんど睡眠がとれず、寝不足と湿った雪の重さにバテバテとなる。

DSCN2536[1]_R
根子の集落の先で行止まり
ここでお会いした大朝日小屋の管理人さんと立ち話。

3.18熊鷹山 007_R
林道を行き、根子沢の橋を渡ったヨシヤチ沢手前から尾根に取り付く。

3.18熊鷹山 011_R
植林とブナ林の入り混じった、比較的なだらかな尾根だ。

3.18熊鷹山 016_R
やせ尾根もあるが問題となるところはない。

DSCN2558[1]_R
右手に竜ヶ岳や天狗角力取山の尾根を見ながら進む。

DSCN2555[1]_R
後方には月山も。
午前中は天気が良く、気持ちのよい尾根歩きだ。

3.18熊鷹山 039_R
かなり大きな雪庇が尾根の左側についている。

3.18熊鷹山 046_R
山頂直下は結構急だ。

DSCN2571[2]_R
山頂付近は広い雪面が広がる。
山頂と特定できるものがなく、GPSで確認する。奥が山頂のようだ。
このころから風が強くなり、早々と山頂を後にする。

3.18熊鷹山 054_R
熊鷹山周辺は、広々とした雪原が広がる。

3.18熊鷹山 057_R
正面にはハナヌキ峰から小朝日岳の尾根が・・・。

3.18熊鷹山 068_R
P906
古寺川左岸尾根までは、アップダウンは少ないが、意外と長い。

3.18熊鷹山 071_R
一番奥の平らな峰が熊鷹山だ。

3.18熊鷹山 078_R
古寺川左岸尾根はアップダウンの多い尾根だ。

3.18熊鷹山 080_R
アップダウンの尾根歩きを嫌い、途中から古寺川林道へショートカットする。

3.18熊鷹山 084_R
ただ、長い林道歩きにヘトヘトになる。
途中、本降りの雪となるも、何とか暗くなる前に車に戻る。

3.19四郎岳  060_R
四郎岳山頂
3/19は大鳥高岡へ移動して東大鳥川左岸尾根の最初のピークである四郎岳に登る。この左岸尾根は以前から歩いてみたい尾根だったが、登山道のない尾根なので雪のついているとき限定のルートだが、標高が低いので、ゴールデンウィークになると常願寺山までは藪が出てきて、なかなか入山時期の難しい尾根だ。今回は、藪が出る前に常願寺山まで歩いてしまう予定だつたが、悪天候の予報に四郎岳のみに終わる。

DSCN2594[1]_R
大鳥橋からスタート

3.19四郎岳  002_R
東大鳥川の広い河原は、一面の銀世界だ。

DSCN2597[2]_R
尾根の取り付きは、急斜面が多く、取り付き点が難しい。

3.19四郎岳  009_R
433.5三角点の鞍部に上がる。

3.19四郎岳  012_R
しばらくは杉の植林の中の尾根だ。

3.19四郎岳  016_R
尾根が右に大きく曲がる470m地点に上がると尾根はブナが多くなる。

3.19四郎岳  019_R
明るい尾根だ。

3.19四郎岳  021_R
左側には、東大鳥川と林道が、猿倉山の稜線も見渡せる。

3.19四郎岳  024_R
P580.3三角点

3.19四郎岳  030_R
P684へは、ブナの疎林の比較的穏やかな登りが続く。

3.19四郎岳  034_R
P684には、捻じりパンのような枯れ木が立っている。

3.19四郎岳  038_R
枯れ木の多い尾根だが、展望が良い。

3.19四郎岳  046_R
ここも、尾根の左側に雪庇が張り出している。

3.19四郎岳  058_R
四郎岳山頂直下の登り。

3.19四郎岳  064_R
四郎岳山頂からの展望
高安山、兜岩、猿倉山の展望台だ。

3.19四郎岳  067_R
往路を戻る。

3.20朝日軍道探索 002_R
鱒淵集落にある山神社
3/20は朝日軍道鱒淵側のルート探索に行く。鱒淵から猿倉山までの軍道ルートは分かり難く、最短で鱒淵から上がれる岩魚沢ルートを探索する。

3.20朝日軍道探索 017_R
岩魚沢の出合は棚田となっているようだ。
ネットに乗っていた岩魚沢の標識は何処にあるのか?

朝日・小実淵山

3.1小実淵山 048_R
3/1朝日連峰前衛の小実淵山へ行く。一昨年から実淵川の流域の沢を登り、その流域を囲む山々にも興味があり、特に右岸の山々は登山道もなく、残雪期に狙っていたのだが、なかなか天気に恵まれず、ようやく好天が見込まれる2日間右岸の山々を登る計画を立て出かける。予定は2/29に小実淵山を3/1に唐松山と柳カ沢山だつたが、急に好天になることで29日の昼近くまで放射冷却が強まり、マイナス15度前後と今冬一番の冷え込みとなる予報に、路面凍結の不安から1日に登ることにして、前日の夕方飯豊町入りをする。
前日残雪の状況と入山ルートの下見をし、白鷹町の高野から横峰分岐の尾根を上がり小実淵山を目指す。入山口でお会いした地元の方の話から、今年は例年どうりの雪の量とのこと。

3.1小実淵山 001_R
正面の小高い山へ取り付く尾根4ルートある。

3.1小実淵山 003_R
ため池下から真ん中の枝尾根に取り付き2.5万図上の破線道の尾根に上がる。

3.1小実淵山 004_R
取り付きの枝尾根は登りやすく明瞭だ。

3.1小実淵山 007_R
破線道のある尾根に出ると、明瞭な道型がある。

3.1小実淵山 009_R
破線道のある尾根の等高線が詰まった部分
破線道はところどころ埋まっている部分があるが、おおむね歩きやすい。

3.1小実淵山 011_R
木々の間から白鷹町が見渡せる。

3.1小実淵山 013_R
横峰分岐の尾根に上がると赤松林の間を道型が確認できる。

3.1小実淵山 018_R
赤松林を抜けるとブナが目立つようになる。

3.1小実淵山 026_R
不思議な光景だ。

3.1小実淵山 029_R
ここを上がれば横峰分岐だ。

3.1小実淵山 030_R
横峰方面の尾根は杉の植林帯だ。

3.1小実淵山 033_R
尾根との合流点の小高い丘からは白鷹町や蔵王の山並も見渡せる。

3.1小実淵山 037_R
横峰からの尾根は右の谷側が杉の植林地になっている。
前方の小高い山が小実淵山だ。

3.1小実淵山 040_R
右の谷の源頭部から直接小実淵山の斜面に取り付くショートカットルートをとる。

3.1小実淵山 044_R
100m程登ると小実淵山の三角点右に上がる。

3.1小実淵山 049_R
小実淵山は広々とした雪原だ。

3.1小実淵山 056_R
小実淵山からは高玉分岐へ。

3.1小実淵山 058_R
高玉分岐からショートカットしたところへ出て、往路を戻る。

3.1小実淵山 060_R
帰路は雪が緩み、スノーシューでも歩きにくい下りとなったが2時間ほどで駐車地点へ戻る。

朝日・羽前葉山~頭殿山

5.2-3羽前葉山~頭殿山 127_R
5/2-3 1泊2日で朝日のマイナールートを登る。GW第2弾は羽前葉山から頭殿山。1日は東北は大荒れの天気だが、2,3日は良い予報なので、予備計画としていたいくつかのルートを検討したが、予定しているルートは、いずれも登山道のない山々。残雪が出てくるところまでは長時間の藪漕ぎとなるので、他のメンバーのことも考え、消去法で登山道のある羽前葉山の白兎登山口から葉山に登り、三本楢、愛染峠、頭殿山から黒鴨へ降りるルートを選択する。ブヨが異常に多く、二日目は夏山のような暑さだつた。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 002_R
まだ小雨の降る中、白兎登山口からスタートする。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 010_R
新緑真っ盛りの登山道。雪は全くない。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 023_R
標高800m付近からようやく登山道に雪が出てくる。
薄日が差してきて暑くなるが、ブヨが多くてまいる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 032_R
葉山山荘付近は雪に覆われている。
残雪が多くなるとブヨは少なくなる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 037_R
葉山山荘
こざっぱりとした山小屋で薪ストーブもあり、泊まりたくなる小屋だ。ここでお昼をとる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 043_R
葉山山頂付近にある御田代湿原
愛染峠への登山道は雪の中

5.2-3羽前葉山~頭殿山 048_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 051_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 055_R
葉山から1238.8三角点付近まではだだっ広い雪原で、湿原も多い。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 049_R
三本楢までは雪がびっしりとつき、登山道は雪の下。地形図とGPSを頼りに進む。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 063_R
三本楢の台地に上がる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 069_R
三本楢先は朝日川を囲む山々の展望台だ。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 075_R
涸沢支流ガッカ沢源頭部を過ぎると、ようやく残雪も少なくなり、登山道を拾って歩けるようになる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 087_R
愛染峠。ブヨが多く閉口する。
今回は、ここから先、残雪量と大実淵沢の源頭部林道の下見も兼ねている。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 094_R
大実淵沢側は雪が消えかけている。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 097_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 100_R
愛染峠から頭殿山手前まで伸びている林道はかなり荒れていて、所々倒木や残雪に埋まり歩きにくい。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 106_R
林道から見える頭殿山に雪はない。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 108_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 109_R
P1064とP1086との鞍部で朝日鉱泉側からの登山道が上がってくる。
林道終点から先、頭殿山まで山道があるのかわからないので、安全を期してここから登山道を進む。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 113_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 114_R
登山道はタバネ沢側を延々と町々境までトラバースしており、このトラバース道はかなり急斜面に付けられた不明瞭な道で、雪渓の残る小沢をいくつも渡る。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 117_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 119_R
町々境で、ようやく頭殿山登山道に出る。
出たところに荷物をデポして頭殿山へ向かう。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 122_R
ようやく頭殿山山頂に着く。
山頂には、実淵沢源頭部林道終点から上がってくる明瞭な登山道と祠の脇ににもタバネ沢側からの山道がある。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 129_R
5.2-3羽前葉山~頭殿山 128_R
山頂から大朝日岳や月山の眺望が望まれる。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 132_R
山頂直下の雪面を下り、荷物のデポ地点へ。
山頂直下以外に雪は見えない。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 136_R
昨年遡行しようとしていた脇戸沢は急峻な沢のようだ。沢床には、まだびっしりと雪が残っている。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 140_R
ブナの新緑の中を、小鳥の鳴き声を聞きながら下る。

5.2-3羽前葉山~頭殿山 144_R
登山口は広場になっている。
ここから林道を1時間半かけて黒鴨まで下り、タクシーで白兎登山口へ戻る。


プロフィール

へたれジージ

Author:へたれジージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。